ゴミ屋敷をスッキリ片付ける方法は? 片付け方の極意を詳しく伝授!

「ゴミ屋敷を何とかして片付けたいが、何からやればいいのか分からない」とお悩みではありませんか。今、ゴミ屋敷問題は、芸能人にも多いことで話題になるほど深刻化しています。ゴミ屋敷は、ものがあふれて暮らしにくいだけでなく悪臭や害虫発生などの問題もあるため、何とかしてスッキリ片付けたいですよね。そこで今回は、ゴミ屋敷を片付ける方法を詳しく解説します。

  1. ゴミ屋敷になってしまう原因は?
  2. ゴミ屋敷を片付けないとどうなる?
  3. ゴミ屋敷を片付けるための準備
  4. ゴミ屋敷を片付ける手順を解説
  5. ゴミ屋敷の片付けを業者に依頼する方法
  6. 再びゴミ屋敷にしないための注意点

この記事を読むことで、ゴミ屋敷をスッキリ片付けるコツがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.ゴミ屋敷になってしまう原因は?

最初に、ゴミ屋敷になってしまう主な原因を見ていきましょう。

1-1.ものを捨てることができない

ゴミ屋敷にしてしまう人の多くは、ものを捨てることができません。明らかにゴミであるものでも、「まだ使える」「捨てるのはもったいない」と考えてしまいます。そのため、不用品がどんどんたまってしまうのです。不要になったものを捨てることができなければ、ゴミ屋敷になるのは当然でしょう。

1-2.片付け方が分からない

片付け方が分からないとゴミ屋敷になりがちです。ものには、それぞれ適切な片付け方があります。しかし、ゴミ屋敷にしてしまう人は、片付け方が分からないため、使った後は適当に放置してしまうのです。すると、すぐに部屋が散らかってしまい、どこに何があるのか分からない状態になってしまいます。

1-3.不要なものを買いすぎる

ゴミ屋敷にしてしまう人は、不要なものを買いすぎる傾向があります。バーゲンで安くなったという理由だけで、ものを大量に買い込んでしまうのです。買っても使う予定がなければ、放置するだけでたちまち不用品となります。また、部屋が片付いていないため、似たようなものを再度購入してしまいがちです。

1-4.忙しくて片付ける時間がない

仕事などが多忙すぎて片付ける時間がないことも、ゴミ屋敷になる理由と言えます。毎日クタクタになるまで働けば、家に帰って片付ける気力も体力もないのは当然でしょう。休日も疲れのせいでうまく片付けが進まず、結果的にゴミ屋敷となった例も多いのです。

1-5.注意力が散漫

注意力が散漫な人は、片付けに熱中することができないためゴミ屋敷状態になることがあります。片付けを始めても、すぐにほかのことを始めたり片付け中であること自体を忘れてしまったりするのです。注意力が長続きしない自覚がある人は、最初にスケジュールを細かく立てておき、常にチェックしながら進める必要があります。

2.ゴミ屋敷を片付けないとどうなる?

ゴミ屋敷を片付けないとどうなるのか、詳しく見ていきましょう。

2-1.探しものが見つからない

ゴミ屋敷では、探しものが見つからない問題があります。ものが多すぎて、どこに何があるのか分からず、時間がかかってしまうのです。必要なときに必要なものがないことは、不便なだけでなく大きなストレスとなるでしょう。探しものをしなくて済むように、片付ける必要があります。

2-2.生活スペースが圧迫される

ゴミ屋敷状態では、生活スペースがゴミや不用品で埋まってしまい、寝る場所どころか足を踏み入れる場所もないことが多くあります。体をきちんと伸ばして寝ることができなければ、疲れが翌日に残ったままです。また、食事や着替えにも不便を感じることでしょう。

2-3.精神的に悪影響を受ける

ゴミ屋敷は、精神的にもよくありません。ものが多すぎてゴチャゴチャした環境にいると、無意識にイライラしてしまうからです。また、ものが多すぎて日当たりや風とおしが悪くなることも、精神的に悪影響を与えます。さらに、集中力がなくなるので、仕事や勉強もはかどりません。やりたいことが思うようにできないことも、大きなストレスとなるでしょう。

2-4.悪臭・害虫・ネズミなどが発生する

ゴミや不用品であふれた状態では、カビや雑菌が繁殖したりものが腐ったりして悪臭の原因となります。また、ゴキブリやハエなどの害虫やネズミなどの害獣も出やすくなるでしょう。いずれにしても、極めて不衛生なため、病気にかかる可能性が高くなるのです。状況が悪化すれば近隣にも被害が広がるため、早急に対応する必要があります。

2-5.治安が悪化する

ゴミ屋敷の近隣は、治安が悪化しやすいことも大きな問題です。たとえば、近隣にゴミなどの不法廃棄が行われたり不審者が出没してイタズラや放火されたりする可能性も高くなります。ゴミ屋敷として有名になれば、興味本位で訪れる人たちも増えるでしょう。治安を改善し、近隣の人々と共に安心して暮らせるようにするためにも、ゴミ屋敷を解消することが大切です。

3.ゴミ屋敷を片付けるための準備

ゴミ屋敷を片付けるために必要な準備を詳しく解説します。

3-1.片付けの計画を立てる

まずは、片付けの計画を立てましょう。具体的には、以下のポイントを参考にして考えるといいでしょう。

  • 片付けの実施日
  • 片付ける場所と所要時間
  • 場所ごとの片付け方

計画を立てるときは、適宜休憩を入れること・時間に余裕を見ておくことが大切です。実際に片付け始めると、物量の多さに圧倒されて予定より時間がかかることが多いでしょう。無理をせず、自分のペースで進められるよう、計画を立ててみてください。

3-2.不用品の仕分け基準や処分方法を決める

ゴミ屋敷の片付けでは、不用品の処分が大きなカギとなります。まずは、不用品の仕分け基準を決めておきましょう。たとえば、以下を参考にしてください。

  • 趣味やサイズが合わなくなった洋服
  • 使わなくなった家電や家具
  • 古いブランド品
  • 必要以上にある食器類
  • 趣味に合わない雑貨
  • 多すぎる文房具
  • 読まなくなった本や見飽きたDVD
  • そのほか1年以上使用しなかったもの

なお、不用品の処分方法には、以下のようなものがあります。

  • 自治体にゴミとして出す
  • 不用品回収業者に処分を依頼する
  • リサイクルショップに売る
  • 友人や知人にゆずる
  • ネットオークションやフリマサイトで売る

ゴミ屋敷の片付けでは、大量の不用品が出ます。ひとつずつ処分方法を考えていると時間がいくらあっても足りません。たとえば、不用品回収業者なら1回の依頼で再販可能なものは買取・不可能なものは資源リサイクルに回してくれるので、おすすめです。

3-3.掃除用具や洗剤など用意する

ゴミ屋敷の片付けでは、以下のような掃除用具や洗剤などを用意してください。なお、ゴミ袋とダンボール箱は多めに用意しておくと、不用品の仕分けにも使えて便利です。

掃除用具

  • ほうき
  • ちりとり
  • はたき
  • フロアーワイパー
  • コロコロタイプのクリーナー
  • ぞうきん
  • バケツ
  • 掃除機

洗剤・殺虫剤

  • 住宅用中性洗剤
  • 殺虫剤

仕分け・梱包(こんぽう)資材

  • ゴミ袋
  • ダンボール箱
  • ガムテープ
  • マジック

服装

  • ゴム手袋
  • マスク
  • 三角巾
  • 汚れてもいい服装(長そで・長ズボンがおすすめ)

4.ゴミ屋敷を片付ける手順を解説

ゴミ屋敷を片付けるためには、手順を踏んで焦らずに進めましょう。

4-1.4つのステップに沿って片付ける

効率よく片付けるためにも、以下の4つのステップを参考にしてください。いずれの場所を片付ける場合でも、効率よく作業が進むはずです。

  1. 最初に足元の床を片付ける
  2. 不用品を仕分けてまとめる
  3. 必要なものだけを収納する
  4. 掃除をして完了

最初に足元の床を片付けることで目に見えて成果が確認でき、やる気につながります。また、次に不用品を仕分ける作業も格段にやりやすくなるでしょう。

4-2.ほかの人に手伝ってもらうことも考える

ゴミ屋敷の片付けは、ひとりより複数人で行ったほうが疲れにくく早く作業が終わります。できれば、家族・友人・知人などで手伝ってもらえる人を探すといいでしょう。事情を話せば、協力してもらえる可能性があります。ただし、ほかの人に依頼するのが精神的に大きな負担になるのなら、無理をしないでください。たとえば、次項でご紹介するように、業者に依頼するのもひとつの方法です。

5.ゴミ屋敷の片付けを業者に依頼する方法

ゴミ屋敷の片付けは、業者に依頼すると楽で便利です。

5-1.効率よく部屋がキレイになるなどメリットが多い

ゴミ屋敷の片付けを業者に依頼すると、以下のようなメリットがあります。片付け費用がかかっても、メリットのほうが大きいでしょう。

  • 大量のゴミや不用品があっても依頼できる
  • 効率よく短時間で片付く
  • 都合のいい日時を指定できる
  • 自分で不用品の仕分けや処分をする必要がない
  • 自分でやるよりキレイに仕上がる
  • 害虫・ネズミ駆除なども依頼できる

また、自分で片付けようとして挫折した場合も、途中から依頼することができて便利です。

5-2.ゴミ屋敷の片付け費用は1Kで3.5万円~

ゴミ屋敷の片付け費用は、以下を目安にしてください。

  • 1K・1R :35,000円~130,000円
  • 1DK:35,000円~150,000円
  • 1LDK・2DK:60,000円~280,000円
  • 2LDK・3DK:90,000円~450,000円
  • 3LDK・4DK:150,000円~700,000円
  • 4LDK・5DK:170,000円~850,000円

なお、実際には物量や部屋の汚れ具合などによって金額が上下します。詳しくは、業者の見積もりを参考にしてください。

5-3.信頼できる業者の選び方

ゴミ屋敷の片付けは、以下のような条件を満たす業者に依頼しましょう。

  • ゴミ屋敷の片付けで豊富な実績がある
  • 不用品の買取も行っている
  • 見積もりは無料
  • 片付け費用がリーズナブル
  • 希望の日時に作業してもらえる
  • スタッフが親切で顧客からの評判がいい
  • 古物商許可を取得している

5-4.悪質業者に注意すること

ゴミ屋敷の片付けでは、悪質業者に注意しましょう。悪質業者の多くは、アポなしで急にやってきて「キャンペーンで不用品を無料処分している」などと言いながら家に上がり込もうとします。さらに、きちんと現場を確認せず「今すぐに片付けと不用品の処分が必要だ」と言って高額な契約を強制するのです。帰ってもらいたくても、契約が済むまで帰らないと居座られたり貴金属など金銭価値の高いものを出せと言ってきたりします。不用品を無料で処分するつもりが、思わぬトラブルに巻き込まれることになるのです。ゴミ屋敷の片付けは、信頼できる業者に依頼してください。

6.再びゴミ屋敷にしないための注意点

再びゴミ屋敷にしないために気をつけることを詳しく解説します。

6-1.定期的に掃除と不用品を処分する

定期的に掃除と不用品の処分をすれば、常にスッキリと片付いて清潔な部屋を維持できます。掃除は、完璧にしようと思わず、1日1か所ずつでもいいので手をつけることが肝心です。1週間で家の掃除が完了するようにすれば、無理なく続けられるでしょう。また、不用品の処分も、1か月に1回程度は行うことがおすすめです。不用品を処分することで、部屋がスッキリし、掃除もしやすくなります。

6-2.余計なものは買わない

余計なものを買わないようにしましょう。部屋に不用品が増えるのを防ぐことができます。部屋に置くものは、必要最低限のものだけとし、むやみに買い足さないことです。ゴミ屋敷になりがちな人は、よく考えずに不必要なものを買ってしまう傾向があります。安くなっていても、本当に必要なものかよく考えてから購入しましょう。

6-3.ものの定位置を決めて収納する

ものの定位置を決め、使った後は必ず元の位置に収納しましょう。使った後、適当な位置に放置することが、ゴミ屋敷への第一歩となるのです。面倒でも、ものを使うたびに片付ければ部屋が散らかることはありません。なお、ものの定位置は、種類ごと・目的ごとにまとめて決めると片付けやすくておすすめです。

6-4.来客を多くし他人の目に触れる機会を増やす

来客を多くし、他人の目に触れる機会を増やすといいでしょう。自分ひとりだけでは、部屋が散らかっていても気にならないものです。しかし、他人が来るとなれば。嫌でも掃除をするようになるでしょう。できれば、キレイ好きな性格の人を呼ぶことをおすすめします。部屋が汚いときは遠慮せずに指摘してもらうことも大切です。

まとめ

今回は、ゴミ屋敷の片付けについて詳しく解説しました。ゴミ屋敷から抜け出すためには、スケジュールを立てて計画的に作業を進めることが大切です。自分で行うのが難しい場合は、無理をせず専門業者に依頼することをおすすめします。元の状態に戻さないためには、掃除を習慣化する・ものの定位置を決めて片付ける・必要のないものを買わないなどの点に気をつけてください。

給湯器の交換工事・修理をお考えの方必見

トップブランドの給湯器が最大81%オフ!