家具のリサイクルで悩まない!不用な家具のリサイクル方法を解説!

家具をリサイクルしたいと考えたとき、どうしたら良いかわからないという人は多いでしょう。粗大ごみに捨てるにはもったいないけれど、どうやってリサイクルしたら良いかもわからない、といった感じですね。今回は、もう家具のリサイクルで悩むことが無いように基礎知識や譲る・売る方法の解説、リサイクルを依頼する業者の選び方まで多くのことを解説しましょう。

  1. 家具のリサイクルについての基礎知識を学ぼう
  2. 家具のリサイクルを譲る場合・売る場合で詳しく解説
  3. 家具のリサイクルを依頼する業者の選び方
  4. 家具のリサイクルでも特殊な例を解説
  5. 家具のリサイクルでよくある質問を確認しよう

記事を読むことで、家具のリサイクルにかんする悩みは無くなります。家具のリサイクルで後悔したくない人は、ぜひ記事を読んで必要な知識を身に付けてください。

1.家具のリサイクルについての基礎知識を学ぼう

まずは、家具のリサイクルについての基礎知識を学ぶことにしましょう。皆さんがリサイクルをしようとしている家具は、需要が高いのかも気になるところですね。

1-1.リサイクルできる家具の種類とは

リサイクルできる家具の種類について、確認しましょう。家具の中でも、リサイクル品の需要が特に高いものについてお話をします。

1-1-1.ベッド

今は、布団を敷いて寝る人よりもベッドで寝る人の方が増えています。それに、足腰が弱くなってくるとベッドの方が何かと便利なもの。しかし、ベッドはしっかりしたものを新品で買うとなると価格が高いでしょう。そこで、手ごろな価格で入手しやすいという理由でリサイクル品の需要が高いというわけです。ただし、部屋の広さを考えるとダブルサイズやクイーンサイズよりも一般的なシングルサイズやセミダブルサイズの方が引き合いが多いでしょうね。

1-1-2.タンス

タンスは、収納家具のひとつとしてリサイクル需要が高いものと言えます。特に、クローゼットが無い部屋に住んでいる人にとっては、必需品とも言えるでしょう。大型のものから、コンパクトなタイプまで、欲しがっている人の需要もさまざまです。また、レトロな雰囲気のある家具は、マニアからの需要も高いはず。古いタンスだから人気が無いのでは、と勝手に判断してはいけません。タンスは基本的にリサイクルできるものと考えて、進めていきましょう。

1-1-3.ソファー

ソファーも、リサイクルできる家具と言えます。たとえば、家族構成が変わったり引っ越しで部屋の間取りが変わったりして不用になった場合は、リサイクルに出すこともあるでしょう。同じように、何らかのタイミングでソファーを置きたいとか交換したいと考えている人も多いのです。ソファーも状態が良いものならば、リサイクル品としての需要も大きい家具と言えるでしょう。大きなしみや傷が無いものは、リサイクルの引き合いも多いですよ。

1-1-4.そのほかの大型家具

リサイクルできる家具の種類は、まだまだあります。たとえば、食器棚ですね。食器棚は大型家具のひとつ。古い食器棚には、デザインに凝っているものもあるでしょう。古い家具を好む人には、特にアンティーク調の食器棚の需要が高いのです。また、ダイニングテーブルやイスも古い質感を求める人が多いでしょう。レトロな喫茶店の開店予定がある人には、雰囲気の良い家具を探している人がたくさんいます。自分にとっては、古かったりデザインの好みが変わったりして不用品となった大型家具でもほかの人にとっては宝物であることも多いでしょう。

1-2.家具をリサイクルするメリットを考えよう

家具をリサイクルするメリットは、たくさんあります。主なメリットについては、下記で確認してください。

  • 次に欲しい人の手に渡ることで有効活用できる
  • ごみを減らすことになるので環境にやさしい
  • 森林伐採などの環境破壊を遅くすることができる

家具をリサイクルすることは、粗大ごみとして出すよりもメリットがたくさんあることを理解しましょう。家具を粗大ごみとして処分することは、簡単です。しかし、リサイクルすることでものの寿命を延ばすことになるほか、環境にとても良いことになる点も大きなメリットと言えるでしょう。

2.家具のリサイクルを譲る場合・売る場合で詳しく解説

家具をリサイクルする場合、譲る場合と売る場合に分けることができます。ここでは、譲る場合と売る場合のそれぞれでどんな方法があるかなどを確認していきましょう。

2-1.家具のリサイクル方法:譲る

まずは、家具をリサイクルする方法として譲る場合を考えてみましょう。家具を譲ると言っても、さまざまな方法がありますよ。

2-1-1.自治体による家具の回収を利用する

自治体による家具の回収を利用する場合は、粗大ごみとして回収を依頼する方法になります。まずは、自治体の粗大ごみ回収受付窓口に連絡をして、回収日時の指示を受けてください。回収日時になったら、指定場所に自分で家具を運んで回収を待ちます。なお、自治体に粗大ごみとして家具の回収を依頼するときは、粗大ごみ処理券を貼り付ける必要があるので、注意してくださいね。粗大ごみ処理券は、コンビニなどで数百円を支払うことで購入することができます。また、粗大ごみとしてではなく、次の引き取り手を探してリサイクルすることを前提とした回収を行っている自治体もあるでしょう。詳しくは、皆さんがお住まいの自治体に問い合わせてみてください。

2-1-2.家具メーカーによる回収を利用する

家具メーカーの中には、自社で制作した家具のリサイクルや修理・再活用を目的として回収を行っているところもあります。ただし、回収を行っている場合であっても、有名ブランドやメーカーの一部に限定となるので一般的とは言えません。また、家具メーカーによる回収は、修理をしてまた使うことを目的として利用するものだと認識した方が良いでしょう。家具メーカーでの回収は、現実としてほとんど利用できないと考えてください。

2-1-3.家具販売店による回収を利用する

家具販売店による回収も、利用できます。ただし、家具販売店による回収は新しい家具を買ったときのサービスとして行っているところが多いでしょう。たとえば、テーブルを1セット購入した場合は、古いテーブルを1セット回収可能といった感じですね。古い家具の回収費用は、無料から数千円程度となるでしょう。古い家具の回収条件は、家具販売店によって異なります。新しい家具を買うタイミングで古い家具のリサイクルを考えている人は、家具販売店に聞いてみると良いでしょう。

2-1-4.不用品回収業者に家具の回収を依頼する

不用品回収業者に家具の回収を依頼することも、考えてみましょう。不用品業者の場合は、家具の買い取りをしてくれるところ・無料で引き取りをしてくれるところ・有料で引き取りをしてくれるところ、などさまざまなパターンがあります。皆さんにとっては、家具の買い取りをしてくれるところが最も都合が良いでしょう。しかし、家具の状態によっては買い取り対象にならないものも多いはずです。状態が悪い家具については、無料で引き取りもしくは有料で引き取りをしてくれるところも検討すると良いでしょう。また、家具以外の不用品がたくさんある場合も、不用品回収業者の利用が何かと便利ですよ。

2-2.家具のリサイクル方法:売る

家具のリサイクルは、有料で売るという方法でも実現できます。有料で売る方法は、不用な家具をリサイクルできると同時にお金を手に入れることも可能でしょう。商品価値があると判断できる家具は、売ることも検討してみてください。

2-2-1.家具の買い取りを行っているところに売る

家具のリサイクルを考えたとき、家具の買い取りを行っているところに売ることを考えてみましょう。たとえば、リサイクルショップに売る方法ですね。リサイクルショップでは、中古の家具を積極的に買い取りしているところもあるでしょう。できるだけ中古の家具を多く扱っているリサイクルショップを探して、見積もり依頼をしてください。見積もりを依頼する場合は、家具の状態について細かく伝えることが大切です。正確に見積もってもらうためにも、現状をきちんと伝えてくださいね。なお、納得する価格で買い取ってもらうためにも複数のリサイクル業者に見積もり依頼をすると良いでしょう。

2-2-2.ネットオークションで家具を売る

ネットオークションで、家具を売る方法も考えてみましょう。ネットオークションは、家具を欲しがっている人が常に良いものが無いか探しています。皆さんには不用になった家具でも、喉(のど)から手が出るほど欲しい人もいることでしょう。ネットオークションを利用する場合は、市場価格をリサーチすることも大切です。同じような例を探して、オークションの開始価格や希望落札価格を考えてください。なお、ネットオークションは個人同士の取り引きとなるため、トラブルを防ぐためにも傷や色あせなどのマイナス点は必ず告知することも大切です。家具のサイズや色などの情報も、画像を添えるなどの工夫をしながら手を抜かないようにしましょう。

2-2-3.フリーマーケットで家具を売る

フリーマーケットで家具を売る、という方法もあります。フリーマーケットには、多くの人が出掛けてくるので実際に品物を見て気に入ってくれる可能性もあるでしょう。場合によっては、想像以上に高値で買ってくれることも期待できます。ただし、フリーマーケットで売るためには、会場まで家具を運ぶ必要があるでしょう。また、必ずしも売ることができるとは限らない点も理解しておいてくださいね。売れ残った場合は、再度皆さんが持ち帰る手間があるでしょう。

3.家具のリサイクルを依頼する業者の選び方

家具のリサイクルを業者に依頼する場合は、良い業者を選ぶことが何よりも大切なことでしょう。ここでは、良い業者の選び方についてお話をします。

3-1.家具のリサイクルを業者に依頼するメリット

家具のリサイクルを業者に依頼するメリットは、たくさんあります。主なメリットについて、下記に挙げてみましょう。

  • 家具を運び出すための手間が掛からない
  • 家具の運び出しを好きな日時で行うことができる
  • 有料で売ることができる場合もある
  • 家具のほかにも不用品がある場合は同時に処分してもらえる

家具のリサイクルを行うためには、想像以上の労力や時間が必要になります。手間や時間を節約するためにも、業者を利用するメリットは大きいでしょう。

3-2.家具のリサイクルで後悔しない業者の選び方

家具のリサイクルで後悔しないためには、信頼できる良い業者を選ぶことが最大のポイントです。ここでは、どのような業者を選ぶべきか学びましょう。

  • 家具の買い取りで豊富な実績を持っていること
  • 親身になって買い取りの相談に応じてくれること
  • 見積もりを無料で行っていること
  • 不当に低い評価額を提示しないこと
  • 質問への回答や対応が親切で感じが良いこと
  • 利用者の評判が良いこと

大切な家具を売るためにも、家具の買い取り実績が豊富な業者であることを外してはいけません。また、正当な評価をしてくれる誠実さも必要でしょう。そのほかのポイントについても、皆さんが損をしないような業者を選んでください。なお、利用者の評判が良い業者は選んで間違いが無いと言えます。

3-3.買い取りの方法や流れ・申し込みの方法を確認しよう

業者に家具の買い取りを依頼する方法を、具体的に確認していきましょう。流れを把握しておくことは、スムーズに依頼を進めるためにも大切ですよ。

3-3-1.業者に家具を買い取ってもらう方法と流れ

業者に家具を買い取ってもらう方法や流れについては以下を参考にしてください。

  1. 依頼者が業者に家具の買い取り希望を出す
  2. 業者が家具の詳細を確認する
  3. 業者が家具の買い取りについて見積金額を提示する
  4. 依頼者が納得した場合は業者との間で契約を交わす
  5. 依頼者と業者の間で回収日時を決定する
  6. 業者が家具を回収する・現物を見て買い取り価格が決定する
  7. 買い取り金額が依頼者に渡る

実際に家具を買い取ってもらう場合は、必ず見積金額を出してもらいましょう。金額に不満がある場合は、納得する理由を提示してもらってください。理由が納得できない場合は、複数の業者に見積もりを依頼するのも良い方法です。なお、優良な業者は見積もりを依頼したときの対応が良いこともポイントなので覚えておいてくださいね。

3-3-2.家具の買い取り依頼をするときの申し込み方法

家具の買い取り依頼をするときの申し込み方法については、電話もしくはインターネットのホームページから申し込むことになるでしょう。まずは、買い取り依頼を希望する業者のホームページをよく読んでみてください。親切な業者の場合は、買い取り依頼の申し込みを24時間受け付けていることも多いです。電話でもホームページ経由でも、皆さんが好きな方法で申し込んで問題ありませんよ。

3-4.家具のリサイクルを業者に依頼するときの注意点

家具のリサイクルを業者に依頼するときの注意点を、確認しておきましょう。

  • どんな家具をリサイクルしたいかを明確に伝えること
  • 回収日時や場所の希望をきちんと伝えること
  • 買い取り希望価格がある場合は伝えること
  • 質問や疑問は業者に問い合わせをして早めに解消すること
  • 少しでも不安が残る業者は契約を保留すること

リサイクル業者とトラブルを起こさないためにも、不安が残る業者とは契約をしないことが最良となるでしょう。信頼できる業者と契約をすることは、大前提となります。また、行き違いが無いようにリサイクルしたい家具の特徴や引き取りの希望日時などは、紙に書いてリスト化しておくと業者とのやり取りに便利でしょう。

4.家具のリサイクルでも特殊な例を解説

家具のリサイクルでも、特殊な例を解説します。特殊な例であっても、皆さんに関係することもあるのでしっかり確認しておきましょう。

4-1.遺品整理に伴う家具のリサイクル

親族の遺品整理のタイミングで、家具リサイクルを考えることもあるでしょう。家具で資産価値が無いものにかんしては、遺品整理時に処分することになります。家具だけを買い取り依頼・引き取り依頼になるケースは、少ないでしょう。遺品整理をした後に家具以外のものと同時に処分をするには、不用品回収業者の利用がおすすめです。もしも、遺品整理そのものが大変な場合でも、遺品整理に豊富な経験を持つ業者に依頼することで作業の負担を軽くすることもできるでしょう。遺品整理に伴う家具のリサイクルが発生した場合は、ぜひ検討してみてください。

4-2.オフィスや学校の家具のリサイクル

オフィスや学校で使っていた家具をリサイクルするときは、大量になることが多いでしょう。オフィスや学校の家具をリサイクルする場合は、大量の買い取りを得意とする業者に依頼することをおすすめします。特に、オフィスで使用していた家具については、中古品の引き合いが多いことも特徴と言えるでしょう。きれいに使用していた家具は、高値で引き取ってくれることもあります。粗大ごみとして処分をするよりも、家具のリサイクルを考えて業者の利用を検討した方が良いでしょう。

4-3.引っ越しに伴う家具のリサイクル

引っ越しを機会に、古い家具から新しい家具に見直す家庭も多いでしょう。また、新しい家の間取りを考えたとき、今使っている家具では合わないこともあります。いずれにしても、引っ越しに伴って不用品となる家具は多いことでしょう。特に、タンスやベッド、本棚などの大型家具にかんしてはまだ使える状態であっても不用品となるパターンですね。引っ越しのタイミングに合わせて家具のリサイクルを行いたい場合は、回収の日時を柔軟に指定しやすい点でも業者に依頼することを検討してください。

4-4.アンティーク家具をリサイクル

自分の趣味でアンティーク家具を集めている場合、趣味が変わったり飽きたりしてリサイクルに出したいということもあるでしょう。アンティーク家具のリサイクルについては、アンティーク家具を専門に扱っているショップに買い取りを依頼する方が良いこともあります。アンティーク家具は、一般の家具と違って希少価値があるため買い取り価格も高額になることが多いでしょう。ただし、きちんとした評価をしてくれるアンティークショップと交渉を行ってくださいね。

5.家具のリサイクルでよくある質問を確認しよう

家具のリサイクルで、よくある質問を集めてみました。実際に家具をリサイクルするときに引っ掛かりがちな点ですから、よく確認しておいてください。

5-1.大きな傷や汚れがある家具でもリサイクルできますか?

家具のリサイクルが可能かどうかの判断は、大きな傷や汚れの程度によります。大きな傷や汚れが修復可能な場合は、リサイクルできると言えるでしょう。ただし、買い取りを考えている人は評価額が大きくダウンすることになるはずです。家具は、見た目の美しさも査定を行うときのポイントになることを理解してくださいね。また、修復不可能な場合は買い取りができないこともありますので承知しておきましょう。

5-2.ガラス戸の部分が割れている食器棚でもリサイクルできますか?

ガラス戸の部分が割れている食器棚でも、リサイクルは可能です。たとえば、割れている部分にガラスを新しく入れることが可能な場合は、問題無くリサイクル可能でしょう。ただし、修復することが不可能な場合もあります。修復が不可能な場合は、ガラスが入っている部分をすべて取り去って使うことを考えることになるでしょう。

5-3.家具をリサイクルするときは掃除をする必要がありますか?

家具をリサイクルしたいときは、できるだけ自分で掃除をしておくことは最低限のマナーとも言えます。また、買い取り依頼をするときにも査定額がアップする条件にもなりますので、ぜひ掃除を行ってください。ただし、家具によっては掃除のやり方を間違えると塗装が剝(は)げる原因になってしまいます。家具の掃除は、埃(ほこり)を落としたり表面をやわらかい布で軽く拭(ふ)いたりする程度で良いでしょう。

5-4.リサイクルしたい家具が大量にある場合、おすすめの方法は?

リサイクルしたい家具が大量にある場合は、家具の買い取りを実施している業者に回収を依頼すると良いでしょう。家具の買い取りに豊富な実績を持つ業者は、買い取り対象の家具は高値で査定してもらえるはずです。また、買い取り対象外の家具であっても引き取り後のリサイクルを考えて有効活用してくれることでしょう。さらに、家具以外の不用品がある場合は、そのほかの不用品も同時に回収を依頼することができる業者がベストです。いずれにせよ、大量の家具を処分する場合の手間と時間を考えると、業者への回収依頼をおすすめすることになるでしょうね。

5-5.家具のリサイクルで苦情がある場合はどこに相談すれば良いでしょうか?

家具のリサイクルにかんする苦情は、やり取りをしている相手に直接伝えましょう。理由は、双方の勘違いでトラブルに至っている可能性があるからです。苦情を伝えるときは、感情的にならないように注意してくださいね。なお、苦情を伝えて話し合いをしても問題が解決しないときは、公的な機関に改めて相談すると良いでしょう。たとえば、下記のような相談窓口に連絡する方法もありますので参考にしてくださいね。

国民生活センター相談窓口一覧ページ

まとめ

さて、今回は家具のリサイクルについて必要な知識や具体的にリサイクルをする方法など、さまざまな点からお話をしてきました。皆さんの中で、家具のリサイクルにかんする不安や疑問はすっきりできたでしょうか。家具を無料で譲るにしても、リサイクルショップなどで売るにしても、きちんとした知識を身に付けておくことはとても大切です。家具のリサイクルで後悔しないためにも、何度も記事を読んで学んでくださいね。

給湯器の交換工事・修理をお考えの方必見

トップブランドの給湯器が最大81%オフ!