家の中の探し物を上手に見つけるコツを紹介!

探し物が見つからずに家の中を探し回るのは非常にイライラします。探しているものが、なかなか見つからないというのは、部屋に問題があるのです。探し物を見つけるのが大変な部屋の特徴や探し物を上手に見つけるためのコツについて、ご紹介しましょう。

  1. 探し物を見つけるコツとは?
  2. ものが行方不明になるわけとは?
  3. おまじないの効果とは?
  4. 無くしやすいものを片付けるポイント
  5. 不用品買い取り・回収サービスで上手に処分しよう

不用品買取・回収業者をお探しの方は以下の記事もチェック!

1.探し物を見つけるコツとは?

家の中で行方不明のものを早く探すためには、効率化が大きな課題です。探し物を早く見つけるためのコツについてご紹介しましょう。

1-1.よく考えて探す

家の中をむやみに探すのは、時間の浪費につながります。上手にものを探すためには“考えて探す”ことが重要です。

  • どこに置いたのか?
  • いつ使ったのか?
  • いつもは、どこに置いているのか?

ものを置きそうな場所を重点的に探すことで、効率的に探し物を進めることができます。“探す前に考える”というのが探し物を上手に進めるコツなのです。

1-2.視点を変える

普段どおり探しても持つからない場合には、視点を変えて探してみましょう。“普段より目線を低くする”“高い位置から部屋を眺めてみる”など、視点を変えることも探し物には効果があります。探し物で行き詰まった場合には、視点を変えて探してみましょう。

2.ものが行方不明になるわけとは?

部屋でものが無くなってしまうのには理由があるのです。ものが行方不明になる理由を知ることで、探し物の手掛かりになります。ものが無くなってしまう一般的な理由についてご紹介しましょう。

2-1.置き忘れる

部屋でものが行方不明になる原因で最も多いのが“置き忘れ”です。本来の置き場所からものが移動してしまうと、ものが行方不明になってしまいます。置き忘れによる探し物を無くすためには“ものを使ったら所定の位置に戻す”ということが大切な心がけです。置き忘れによる探し物は“よく使う場所”を重点的に探してみましょう。

2-2.ものに埋まってしまう

使ったものを積み重ねてしまうことで、ものが行方不明になることがあります。整理整頓のできていない部屋では、探し物の頻度が増えてしまうのです。よくものを置いてしまう場所などがあれば、その場所を重点的に探すのが探し物のコツといえるでしょう。

3.おまじないも効果的?探し物を上手に見つけよう

探し物を上手に探すための方法に、ダウジングやおまじないなどがあります。世界では、おまじないによって探し物を見つけるというのも珍しいことではありません。探し物のおまじないの方法と効果についてご紹介しましょう。

3-1.探しているものの名前を呼ぶ

探しているものの名前を呼びながら探すのは、探し物のおまじないでは定番です。探し物の名前を繰り返し呼ぶことで、探しているものに意識を集中できる効果があります。探し物の最中に気が散ってしまう場合には、探しているものの名前を呼び集中力を高めましょう。

3-2.ハサミを使ったおまじない

探し物のおまじないで最近注目を集めているのがハサミを使ったおまじないです。ハサミを使ったおまじないは“ハサミにお願いする”“ハサミを吊す”“ハサミにひもを巻きつける”などハサミを使ったおまじないには多くの種類があります。探しているものが見つかるようにと、ハサミにお願いしてみるのも良いでしょう。

3-3.おまじないは本当に効く?

おまじないで実際に探し物が見つかったというのは、心理的な効果も大きく影響しているのです。探し物が見つからないのは“焦り”や“混乱”から冷静さを失っていることが原因になります。おまじないで冷静さを取り戻すことで上手に探すことができるのです。

3-4.おまじないで集中力を保つ

集中力を保つことができず探し物が上手に進められない場合に、おまじないで集中力を保ちましょう。探しているものの名前を呼ぶというのは、集中力を高める良い方法です。おまじないが実際にどのような効果があるのかということについてはわかりませんが、探し物は冷静に考えて探すことが重要になります。どうしても探し物が見つからない場合には、おまじないで気分転換するのも効果的な方法といえるでしょう。

4.無くしやすいものを片付けるポイント

探し物をする頻度というのは人によって大きく異なります。探し物が多いという場合のほとんどは、部屋が片付いていないことが大きな原因です。ものが無くなりにくい部屋の片付け方についてご紹介しましょう。

4-1.無くなりやすいものの保管場所を作ろう!

家の中で無くなりやすいものは専用の保管場所を作ることで、探し物の頻度を減らすことができます。

リモコン類

テレビやエアコンなど家電を動かすためのリモコンは、無くなりやすいものの代名詞です。リモコンは“リモコンスタンド”などの保管場所を用意しましょう。使ったら所定の位置に戻すという習慣をつければ、リモコンを探す頻度は大きく減少します。

家や自動車の鍵は外出する際には必ず使用するものです。使用する頻度が高いものは、無くなりやすい傾向にあります。鍵はキースタンドを利用して保管するようにしましょう。

携帯電話・スマホの充電器

生活必需品である携帯電話・スマホは必ず充電しなければなりません。1日に1度は使用する充電器は持ち運びする機会も多く無くなりやすいものといえるでしょう。充電器やケーブル類などは専用のポーチに入れるなど、まとめて管理するのがポイントです。

4-2.家の中を片付けよう!

ものの多い部屋は、ものが無くなりやすい傾向にあります。探し物を減らすためには、部屋を片付けるというのが効果的な対策です。部屋を片付けるためには、整理整頓に加えて“ものの処分”も重要になります。整理整頓と不用品の処分は、効果的な探し物対策の方法なのです。

4-3.収納を増やして整理整頓

家の中でものが散乱してしまう原因は、収納不足にあります。家にある収納スペースだけでは、生活に必要なものを完全に整理することはできません。そこで、カラーボックスや整理ダンスなどを利用して、部屋の整理をしてみましょう。“収納にものを詰め込む”というイメージでは無く、ものを整理するように収納するのがポイントです。

4-4.不要なものの処分

家の中を片付ける上で不要なものの処分は非常に重要です。ものが多い部屋では探し物が多くなる傾向にあるため、不要なものは積極的に処分しましょう。

5.不用品買い取り・回収サービスで上手に処分しよう

家の中で探し物を少無くするためには、不要なものの処分は欠かせません。不要なものの上手な処分方法についてご紹介しましょう。

5-1.再利用できるものはリサイクル

不用品の処分を検討している場合には、不用品買い取りサービスを利用して売ることを検討してみましょう。不用品買い取りサービスでは出張買い取りなどのサービスを利用することで、簡単に不用品が処分できます。自分には必要なものでも売れるものは多いので捨てる前に無料査定を受けてみるのも良いでしょう。

5-2.分別の難しいものは不用品回収で処分しよう

分別が難しい不用品などがある場合には、不用品出張回収サービスを利用してみましょう。不用品の出張回収サービスでは“処分が難しいもの”“処分に負担のかかるもの”などを簡単に処分できます。不用品の回収サービスはまとめて依頼することがお得に不用品を処分可能です。家の中で探し物をすることが多いという場合には、不用品の買い取り回収サービスの利用を検討してみましょう。

まとめ

家の中で探し物をする機会が多いという方の場合、部屋の整理整頓に問題がある可能性があります。探し物は上手に探す方法よりも、探し物をしない環境を作ることが大切です。探し物の頻度を減らすためには、家の中の不要なものを処分してものを減らすのが効果的な対策になります。不用品を処分することは生活を快適にするための方法です。不用品買い取り回収サービスなどを使用して上手に不用品を整理してみましょう!