遺品整理した後に売れるものとは何? 売る方法やポイントなどを紹介

遺品整理という言葉を耳にする機会が増えました。遺品整理は、身内の死後に荷物の整理や処分を行うことです。遺品整理をした後は、大量のゴミが出ます。家電・家具・日用雑貨・衣類など、不用品の処分は労力だけではなく、費用もかかるのです。遺品整理で出た不用品の中には、売れる品がある場合があります。売ることができたら、処分費用の心配もなくなるでしょう。売れるものを覚えておき、遺品整理の際に戸惑うことがないよう準備しておいてください。
今回は、遺品整理で売れるものについてご紹介します。

  1. 遺品整理について
  2. 遺品整理で売れるものとは?
  3. 遺品整理で売れるものの買い取り方法
  4. 遺品整理でよくある質問
  5. まとめ

この記事を読むことで、遺品整理についてよく分かり、不用品を上手に売る方法を身につけることができるでしょう。買い取り方法や売るメリットなどを覚えておいてください。

1.遺品整理について

まず、遺品整理に関する基礎知識からご紹介します。

1-1.遺品とは?

遺品とは、故人が所有していたすべてのものを指します。愛用品から雑貨まで、多岐にわたるのが特徴です。親族にとっては不用品でも、遺品はゴミとは異なります。中には、遺産相続の対象となるものもあるため、慎重に遺品整理をしなければならないのです。

1-2.遺品整理について

遺品整理を行うのは、子どもや親族など身内です。故人の死後、遺産相続協議が行われる四十九日法要を目安に終えたほうがいいとされています。一人でやろうと思っても、荷物の片付けや家を引き払うまでの手続きなど、とても労力を必要とする作業です。そのため、なるべく多くの人手を確保し、一斉に始めるのがいいでしょう。注意すべきなのは、貴重品をうっかり処分してしまわないよう、価値ある品の見極めをきちんと行うことです。

1-3.最近の傾向

現在の日本が抱えている問題は、少子高齢化です。子どもの数が減っているため、遺品整理を自分たちで行うことが難しくなっています。また、親と離れて暮らす子どもも多く、遠方で作業に出向くことができないというのも現状です。そのため、近年では遺品整理業者を活用するケースが増えています。

2.遺品整理で売れるものとは?

前述したとおり、遺品の中には売れるものもあります。どんなものが売れるのか、売るメリットなどを見ていきましょう。

2-1.売ってもいいのか?

貴重品や金品などは、遺産相続の対象となるため、むやみに売ることはできません。しかし、日用品・家電・家具などは引き取り手がいないのが現状で、ライフスタイルが違えば使いにくいと感じる人が多いものです。不用品として処分せざるを得ません。親族で話し合いをし、不用品となったものは売却する方向で考えるといいでしょう。

2-2.どんなものが売れるのか?

利用価値が残っているものは、売ることができます。家具・家電・書籍などが代表的です。衣類や着物も価値があれば、売ることができます。着物は近年リサイクルで注目されているため、中古でもニーズが高いものです。カメラやオーディオ機器なども買い取り対象となります。ただし、年式が古く、状態が劣悪なものは値段がつきません。通常使用ができ、なるべく新しいものが買い取りでは好まれます。

2-3.売るメリットとは?

遺品整理で出た不用品の処分は、最も苦労する問題です。ゴミの分別やルールに沿った捨て方などが求められ、ゴミを簡単に捨てることができなくなっているため、遺族はとても頭を痛めます。売ることにより、ゴミをリサイクルできるとともに、処分にかかる肉体的・精神的負担を大きく削減できるのがメリットでしょう。また、売却した利益を遺品整理にかかる費用にあてることができ、経済的にも楽になります。

2-4.売れないもの・売ってはいけないものについて

相続財産とみなされるものは、勝手に売ることができません。遺産相続の対象とならないものに限り、売ることができます。むやみに売却してしまい、親族間のトラブルに発展する事例は意外に多いものです。トラブル回避のためにも、親族でしっかり話し合いをしてから売却を進めるようにしてください。

3.遺品整理で売れるものの買い取り方法

遺品の売却先についてご紹介します。それぞれのメリットとデメリットを覚えておきましょう。

3-1.どこに売れるのか?

遺品の売却は、リサイクルショップや専門店などを利用する方法が一般的です。最近では、回収業者の利用が増えています。さまざまなものの回収や買い取りに長(た)けており、回収方法が手軽であることも利用しやすさにつながっているのです。

3-2.各方法の紹介

3-2-1.リサイクルショップ

近隣のリサイクルショップに売却するのが、最もポピュラーな方法です。衣類や雑貨なども取り扱っており、家具や家電なども買い取りできます。ただし、希望する値段での買い取りになるとは限らず、状態やメーカーなどをこまかくチェックされるため、予想以上に低い査定になることも珍しくありません。また、査定は持ち込みを要するため、遺族にとって負担が大きいこともデメリットとなります。

3-2-2.中古着物専門店

故人が着物を愛用していた場合、中古着物のリサイクルを専門とするショップに依頼したほうが、衣類を取り扱うショップより高値で買い取りとなります。リサイクル着物は現在注目を集めており、中古ニーズが高まっているのです。持ち込みでの査定は必要となりますが、着物は専門店に依頼すべきでしょう。ただし、故人の身長に合わせて仕立てられている場合、寸法によっては査定額が下がることもあります。

3-2-3.家電・オーディオ専門店

中古の家電やオーディオを取り扱うショップに買い取りを依頼する方法も考えておきましょう。一般的なリサイクルショップより価値を見いだしてもらえるため、査定額が上がる傾向にあります。ただし、リサイクルショップ同様に、持ち込み査定となる場合がほとんどです。動作不良や付属品の欠品などがあるものは、査定額が低くなることもあるでしょう。

3-2-4.回収業者

回収業者は、不用品の処分や買い取りを一手に引き受ける業者です。取り扱う品目が幅広いため、1つの業者でいろいろなものの買い取りを依頼することができます。また、出張回収を実施しているため、依頼者の負担が少ないのがメリットです。リサイクルショップより高値で買い取りとなるケースもあります。無料見積もりを利用し、いくつかの業者を比較して相場を知る方法がおすすめです。

3-2-5.遺品整理業者

遺品整理を手がけた後、不用品の処分までを請け負うのが、遺品整理業者です。故人を弔う気持ちを込め、供養してから処分するようにしています。回収業者と似た手法で回収を行いますが、違いは供養という目線を持っているかどうかです。価値あるものは買い取りをしているため、遺品整理と不用品の買い取り・処分が1回で終えることができるのがメリットでしょう。ただし、遺品整理を依頼すると費用がかかります。遺品整理費用から、買い取り金額を差し引く形になるでしょう。

3-3.注意点・業者選びのポイント

遺品を売る場合、信頼できる業者に依頼することが大切です。故人の思いが詰まっている品ですから、不用品としてゴミのように扱われては困ります。価値あるものの見極め、資産評価をしっかりしてもらうためには、実績と経験が豊富な業者を選んでください。リサイクルには古物商の許可を得る必要があります。1つの基準とし、許可を得ている業者に依頼しましょう。

4.遺品整理でよくある質問

遺品整理は誰でも経験が少ないため、戸惑うことが多いものです。遺品整理や遺品の売却でよくある質問を集めました。ぜひ参考にしてください。

Q.遺品整理は自分たちで行うのは難しいもの?
A.膨大な荷物を片付けを要する場合や、部屋の明け渡し期日が迫っていて急いでいる場合などは、業者に依頼したほうがスムーズです。自分たちで行う場合、故人への思いに浸(ひた)り、なかなか前に進めないということもあるでしょう。大切な遺品を紛失してしまう事故も起こりやすいため、遺品整理業者のニーズが高まっています。

Q.遺品からどれが売れるのか判断しにくい
A.売れる品かどうかを判断するのは難しいものです。まず、売りたいものを査定に出してみてください。処分するか、売るかは査定額を見て決めるといいでしょう。

Q.年式が新しいものでも売れない場合はあるのか?
A.あります。汚損・破損・臭いの付着などがある場合、査定では印象が悪くなるのです。年式も大切ですが、売れるかどうかは状態のよさが優先されるでしょう。

Q.どのようなものが遺産相続の対象となるのか?
A.現金・預金・有価証券・貴金属など、資産価値が認められるものは遺産相続の対象となります。不動産権利書も対象です。遺産相続すべきものは売ることができません。

Q.遺品だと伝えたら売れないのではないか?
A.遺品整理で出た不用品だからといって、買い取りを断られることはありません。大切なのは、ものの価値です。遺品整理には費用がかかりますから、不用品をうまく売却し、経済的負担を減らす努力をしましょう。

5.まとめ

いかがでしたか? 遺品整理では、膨大な荷物の片付けや不用品の処分が必要になります。家具・家電・着物・衣類など、遺品は多岐にわたり、分別ルールを守って処理することが求められるため、遺族の負担は大きくなるばかりです。価値のあるものは売ることができます。リサイクルショップ・各分野に特化中古専門店・回収業者・遺品整理業者などを利用し、売却を考えましょう。それぞれの方法には、メリットとデメリットがあります。しっかり理解してから利用してください。