遺品整理・ゴミ屋敷の片付け方をご紹介!粗大ごみの処分方法とは?

家族が亡くなった後、すぐにやらなければならないのが遺品整理です。遺品が多ければ多いほど整理に時間がかかってしまいます。整理したいけれどやり方がわからない、不用品回収の注意点が知りたい…そんな悩みを抱えている人は必見です。これから、遺品整理の基礎知識、ゴミ屋敷問題、粗大ごみなど不用品回収のやり方など詳しく説明します。

  1. 遺品整理の基礎知識
  2. 遺品整理の注意点
  3. 遺品整理と相続手続き
  4. 遺産整理士とは
  5. 遺品整理と不用品回収について
  6. 遺品整理の業者選び
  7. よくある質問や生前整理について

この記事を読めば遺品整理・ゴミ屋敷の片付け方に必要な知識を身につけることができます。

1.遺品整理の基礎知識

ものが多ければ多いほど、自分たちだけでは手のほどこしようがありません。そこで、おすすめしたいのが遺品整理や特殊清掃を受けつけている業者・便利屋です。要らないもの、要るものを素早く分別して整理ができるよう、遺品整理の基礎知識を身につけておきましょう。

1‐1.遺品とは何か

簡単に説明すると、遺品とは亡くなった人が遺(のこ)した品物のことです。そして、遺品を整理することを遺品整理、または遺品処理・遺品処分とも言います。故人が遺したものすべて遺品になりますが、種類もさまざまです。たとえば、衣類・家具・家電製品はもちろんのこと、生活雑貨や貴重品、思い出の品、アルバム、食料品も当てはまります。家族にとって大切なものは手元に残して要らない家電類は不用品として処分するケースがほとんどです。

1‐2.遺品の仕分け

まずは、遺品を「残すもの」「要らないもの」に分類しなければなりません。価値のある遺品は親族間で形見分けをしていきます。亡くなった直後は通夜や葬儀で忙しくなりますが、形見分けは親族が全員集まるときが好ましいです。できれば、49日までに形見分けをしてください。そして、要らないものは不用品回収業者に依頼するか、自分たちで処分することになるでしょう。もし、遺品の仕分けが難しい場合は遺品整理サービスをおこなっている何でも屋や業者に依頼してください。

1‐3.粗大ごみとの違い

遺品の中には仏壇などきちんと供養しなければならないものがあります。供養が必要なものは粗大ごみとして捨てることができません。粗大ごみは一般家庭から出る家電・家具などの要らないものが当てはまります。遺品を粗大ごみとして捨てるのもいいですが、供養しなければならないものは別にしておきましょう。

2.遺品整理の注意点

遺品整理をする際、親族間のトラブルやゴミ屋敷問題など注意しなければならないことがあります。甘く考えているとトラブルに発展しがちです。トラブルにならないためにも、遺品整理前に注意点をチェックしておきましょう。

2‐1.故人の意思の尊重

遺族にとっては必要ないものでも、故人にとっては大切なものがあります。遺品を整理する中では「故人の意思の尊重」が大切です。遺品整理をする前に、「遺言書」があるかどうか必ず確認してください。遺言書は故人の意思を反映させているものです。遺言書の有無によって遺品整理のやり方が大きく変わってくるでしょう。もし、遺言書に遺品のことが記載されているのなら故人の記したとおりにしていかなければなりません。業者に依頼する際も「遺言書の有無」を聞かれるでしょう。

2‐2.親族間のトラブル

近年、頻繁に起きているのが「親族間のトラブル」です。親族間のトラブルは、後々やっかいな問題になる恐れがあります。実際、親族に伝えず勝手に遺品整理をしたことで問題になったと言うケースは多いです。親族間のトラブルにならないためにも、遺品整理をする旨をきちんと遺品相続者全員に伝えなければなりません。相続者全員の了承を得たうえで整理をすすめていきましょう。

2‐3.形見分け

遺品整理において形見分けはとても大切な作業です。親族同士、話し合いをしながら故人のものを分けていってください。形見分けをするタイミングは仏教なら49日、神式であれば50日祭、30日祭が目安です。ただし、形見分けをする際、高価なものには税金が発生します。税金が発生するのは1年間に受け取る財産の合計が110万円を超える場合です。きちんと税金への理解をしたうえで形見分けをしてくださいね。

2‐4.ゴミ屋敷問題

粗大ゴミや遺品を放置すると、ゴミ屋敷化してしまいます。ゴミ屋敷になった結果、近所とのトラブルに発展してしまうのでできるだけ早めに片づけてください。遺品整理を受けつけている業者は東京・大阪などの都市を中心に多数存在しています。明らかなゴミはすぐに処分する、廃品回収や不用品買取を利用するなど取り組みが大切です。

3.遺品整理と相続手続き

人が亡くなると相続手続きをしなければなりません。最近多いのが、いつの間にか知らないうちに相続人になっていたと言うケースです。相続は遺品整理と密接な関係があるため、きちんと理解しておきましょう。これから、遺品整理と相続手続きについて説明します。

3‐1.遺品整理の法律手続き

遺品整理の法律手続きには全部で3種類があります。すべての財産を放棄する「相続放棄」と故人と同じ立場で財産を引き継ぐ「単純承認」、借金などマイナスの財産を差し引いた財産を相続する「限定承認」です。自分が相続人だと分かった時点から3か月以内にいずれかの方法で相続しなければなりません。法律手続きは家庭裁判所の申述で完了します。手続きを完了させてから遺品整理をしなければ法律違反になるでしょう。また、遺産に相続税がかかる場合は相続開始から10か月以内に相続税の申告・納税をしなければなりません。

3‐2.相続手続きは誰がやるべきか?

相続人全員が相続手続きをしてください。たとえ、相続放棄をする場合でもきちんと家庭裁判所へ「相続しない」旨を伝えなければなりません。相続人はできるだけ早めに手続きをしましょう。

3‐3.相談窓口

人それぞれ遺品整理について悩みや不安はあるでしょう。悩みを抱えたまま遺品整理してしまうとトラブルに発展します。必ず悩みを解決したうえで整理をすすめなければなりません。そこで、遺品整理・会社整理の悩みはプロの人に相談してください。自宅近くにある法律相談所や弁護士事務所に相談するのもいいでしょう。

4.遺品整理士とは

遺品整理が注目されつつある今、「遺品整理士」の需要が高まってきています。遺品整理士が作業が大変な遺品整理の助けになってくれるでしょう。では、遺品整理士について詳しく説明します。

4‐1.遺品整理士とは

遺品整理士とは、遺品整理にかんするプロです。遺品整理業を十分に理解しています。故人に対する思いを大切にしつつ、遺品整理の手助けをしてくれるでしょう。また、遺品整理業だけでなく、廃棄物や廃品回収、リサイクル品の取り扱いにかんしても知識が豊富です。正しい知識を得たうえで、依頼者が納得できるよう遺品整理活動をおこなっています。

4‐2.遺品整理の社会状況

遺族が忙しくて遺品整理ができない、高齢者の孤立死で遺品整理士の需要が高まっています。少子高齢化になっている現代だからこそ、現在の社会状況に遺品整理士が必要なのです。今後は、さらに高齢者の孤立死が増加すると言われています。命と真剣に向き合う遺品整理士は、遺族の代わりになって遺品整理をする存在です。また、法律関係や親族間とのトラブルも未然に防ぐ力を持っています。

4‐3.遺品整理のプロの必要性

遺品整理をおこなうには正しい知識を身につけておかなければなりません。正しい知識と理解を持っているからこそ、スムーズに遺品整理ができます。遺品整理のプロである遺品整理士は、一般社団法人遺品整理士認定協会が運営している資格です。遺族や故人の気持ちをくんで遺品を丁寧に整理してくれます。また、リサイクルや産業廃棄物についての知識も得ているので、安心して不用品処分が任せられるでしょう。「遺品整理のプロ」である点が何よりも安心できるポイントです。

5.遺品整理と不用品回収について

大切に残しておきたいもの以外、不用品として処分することになるでしょう。要らないものを処分することが遺品整理のポイントにもなります。上手に整理するためにも不用品回収の知識を身につけておきましょう。

5‐1.不用品回収できるもの

不用品回収は家電・家具などの粗大ごみ回収からゴミ屋敷の片づけまで粗大ごみ回収業者によってサービス内容が異なります。不用品回収できるものは、粗大ごみ全般です。家具・家電のほかにも、楽器、雑貨用品、衣類などたくさんあります。逆に、回収できないものは盗品や銃刀法などの法律に反するものです。業者によって回収できるもの、できないものがあるのでホームページで確認してください。

5‐2.リサイクルについて

遺品でも壊れていない限り、リサイクルにまわすことができます。業者の中にはリサイクル・再販ができるものにかんしては買取をしているところもあるのです。リサイクルできるものはまわしたほうが効率的に整理できるでしょう。処分費用の節約にもなりますね。

5‐3.デジタル遺品の扱い方

近年、インターネット社会の現代らしいトラブルが多発しています。「デジタル遺品」のトラブルです。パソコンやスマートフォンなどに入っているデータがデジタル遺品になります。デジタル遺品にもインターネット口座や株券などは資産価値があるので遺産扱いになるでしょう。遺産扱いのデジタル遺品はトラブルになりやすいです。証券会社に連絡する、口座にアクセスするなど対策が必要になります。そして、SNSやブログ、ゲームのアカウントなどはアカウントを削除する、ブログで亡くなったことを告知してください。パソコンを廃棄処分する際、パソコン内に入っているデータはすべて削除しておかなければなりません。

6.遺品整理の業者選び

遺品整理をおこなっている業者はたくさんあります。業者とのトラブルを回避するには、信用できる業者に依頼しなければなりません。そこで、遺品整理の業者選びを紹介します。

6‐1.プロならではの利点

遺品整理は自分たちでもできる作業です。しかし、遺品の量が多いと時間・労力が必要になります。また、遠いところに住んでいるとわざわざ休暇をとって行かなければなりません。何度も行くことができない、遺品の量が多くて自分でできない場合、プロである遺品整理の業者に依頼してください。遺品整理のプロだからこそ、スムーズに作業がすすめられます。時間が限られている賃貸物件の場合でも遺品整理サービスが役立つでしょう。

6‐2.業者選びのポイント

遺品整理をおこなっている業者はたくさんありますよね。選び方としては、「複数の業者に相見積もりをすること」です。複数の業者に見積もりを依頼して比較するといいでしょう。比較することで業者の良いところ、悪いところがわかります。また、「丁寧に対応してくれるか」にも注目してください。悪徳業者は遺品を粗末に扱う傾向があります。

6‐3.料金設定

遺品整理を依頼する際、最も気になるのが「費用」ですよね。できるだけ安い費用で遺品整理をしていきたいのが本音だと思います。遺品整理の料金設定は業者によって異なるでしょう。ほとんどの場合、部屋の大きさで料金設定が変わるものです。1DKから数万円、3LDKになると数十万必要になる可能性があります。サービス内容とともに料金もチェックしておきたいですね。

7.よくある質問や生前整理について

より順調に遺品整理をするため、よくある質問やゴミ屋敷の掃除など、関連する内容もチェックしておきましょう。

7‐1.よくある質問

部屋が荒れていても遺品整理をしてくれるのか…疑問に思う点はたくさんあるでしょう。遺品整理やゴミ屋敷にかんしてよくある質問をいくつかピックアップしていきます。

7-1-1.近所の目が気になります…。

遺品整理やゴミ屋敷の片付けに近隣の人はどう思っているのか気になりますよね。業者に依頼したら大事になるのでは…と思っている人は安心してください。できるだけ、近隣の迷惑にならないよう配慮しています。優良業者であるほど、依頼者の気持ちに配慮しているのです。

7-1-2.現場と住んでいる場所が離れていても大丈夫?

現場と自宅の距離が離れていても遺品整理はできます。業者に依頼をすれば、自分たちの代わりに片付けをしてくれるでしょう。さらに、依頼主の希望に沿って整理できたかどうか、片付け後の現場を写真で送付することも可能です。

7-1-3.古い仏壇でも回収してくれるの?

業者によっては古い仏壇を回収してくれるところがあります。仏壇は特殊な品物になるため、回収してくれない業者もあるのです。事前に対応可能かどうか、しっかり確認しておきましょう。

7-1-4.夜間でも見積もり・買取できるの?

24時間、・年中無休でサービスを提供している業者では夜間の見積もり・買取が可能です。急に片付けしなければならないケースでも、夜間対応可能な業者なら安心でしょう。

7-1-5.大量の不用品でも回収できるの?

遺品整理・ゴミ屋敷の片付けでは大量の不用品が出るでしょう。自分1人で処分するのは大変なことです。しかし、業者に依頼すれば大量の不用品でも一気に片づけることができます。軽トラックから4トントラックまで保有している業者に依頼すると安心です。

7‐2.ゴミ屋敷の掃除

ゴミ屋敷の掃除は時間がかかります。不用品の量も多いので人手も必要です。けれども、プロである業者に依頼すれば、自分の代わりにゴミ屋敷をキレイにしてくれるでしょう。また、大きなものや大量の品物に対応できるよう、軽トラックの積み放題プランもあります。

7‐3.生前整理とは

生きている間に身のまわりのものを整理することを「生前整理」と言います。生前整理をすることで自分のものを整理できると同時に、遺品整理で家族を楽にさせることもできるのです。自分・家族のための整理だと思ってください。生前整理のポイントは、生前実践長や遺言書を作成することです。

7‐4.特殊な遺品について

遺品の中には仏壇や写真、思い出の品など特殊な遺品があります。特に、処分方法で困りがちなのが仏壇です。仏壇にある位牌(いはい)は故人の魂が入っていると言われています。きちんと魂を供養しなければ処分できません。処分していいか分からない人は葬式や法事でお世話になったお寺に相談してください。そして、きちんと供養した仏壇は不用品回収業者に依頼して処分してもらいましょう。

まとめ

いかがでしたか?遺品整理は大変…と思いがちですが、正しい知識を身につけておけばスムーズに遺品整理ができます。自分たちでするのが難しい場合は遺品整理・不用品回収をおこなっている業者に依頼しましょう。ただし、悪徳業者が存在しているので業者選びのポイントをつかんでください。丁寧に作業をしてくれるかどうか、親身になって相談にのってくれるかどうか、サービス内容や見積書と一緒に確認していきましょう。プロである業者に依頼すれば、大量の遺品でも効率的に整理できますよ。状況や親族と話し合って遺品整理をすすめてくださいね。