テレビの処分方法は? 買取やリサイクルについても徹底解説します!

テレビは家電リサイクル法の対象品目であるため、どのように処分すればいいか分からないという方が多いものです。家電リサイクル法に沿った処分の手順や手続きの仕方などを解説します。

  1. テレビを処分する前に確認すること
  2. テレビの処分方法
  3. テレビを買取に出す方法
  4. テレビの処分でよくある質問
  5. まとめ

この記事を読むことで、テレビの処分についてよく分かるでしょう。資源の有効活用が推奨されているため、買取やリサイクルに関する知識も持っておけば安心です。テレビの処分を検討している方はご一読ください。

1.テレビを処分する前に確認すること

テレビを処分する前に確認しておくべき事項がいくつかあります。ゴミの分類なども併せて見ていきましょう。

1-1.処分を考えているテレビの種類・状態をチェック

テレビには、液晶テレビ・プラズマテレビ・ブラウン管テレビがあります。年式が新しく傷・汚れ・破損がないテレビの場合、買取してもらえる可能性もあるでしょう。買取の対象となるかどうか、確認することが大切です。

1-2.テレビは何ゴミに分類される?

テレビは家電リサイクル法の対象品目なので、自治体による回収ができません。そのため、販売店による引き取りや、回収業者に依頼して引き取ってもらう方法を選ぶことになります。また、自分で廃棄する場合は、指定引取場所へ持ち込むことで、回収してもらうことも可能です。

2.テレビの処分方法

販売店による引き取りや、自分で処分する方法などをご紹介します。

2-1.販売店による引き取り

2-1-1.新しく購入する場合

テレビの買い替えで古いテレビの処分が必要になった場合は、購入した販売店で引き取ってもらいましょう。店舗での回収以外に、出張回収に対応している販売店もあります。ただし、リサイクル料金と収集運搬料が必要です。

2-1-2.処分だけを依頼したい場合

以前購入した店舗に、処分だけを依頼する方法もあります。インターネットを介しての申し込みや、直接店頭で申し込みをすることも可能です。料金は、新規購入時に引き取りを依頼する場合と同じで、リサイクル料金と収集運搬料がかかります。

2-2.指定引取場所に持って行く

自分で処分する場合、指定引取場所に持ち込む方法があります。

2-2-1.事前準備

引き取りを依頼する前に、リサイクル料金の支払いが必要なため、あらかじめテレビのメーカー・サイズ・種類を確認しておきましょう。メモを取っておくと間違いがありません。メモを持参して郵便局で支払いをしてください。

2-2-2.家電リサイクル券について

郵便局で支払いをする際は、備えつけの家電リサイクル券料金郵便局振込方式の用紙を利用してください。7枚つづりの複写式で、リサイクル料金を支払った後、振替払込受付証明書1枚と家電リサイクル券5枚を受け取ります。ただし、振込時の手数料は自己負担です。リサイクル券は、指定引取場所に持参するときに必要となるため、紛失には注意してください。

2-2-3.指定引取場所へ運搬

自分で処分する場合、指定引取場所まで運搬しなければなりません。お住まいの近くにある指定引取場所は、一般財団法人家電製品協会のホームページより検索してください。テレビを持ち込むときは、あらかじめ指定引取場所に連絡しておき、リサイクル券を忘れずに持参しましょう。

2-2-4.運搬できない場合

自分で運搬できない場合は、自治体を介して収集運搬業者に回収を依頼することができます。ただし、郵便局でリサイクル料金を支払う際に、収集運搬料の支払いもしなければなりません。回収日時は、依頼するときに確認してください。

2-3.回収業者に依頼する方法

回収業者にも2つの種類があります。それぞれのメリット・デメリットを見ていきましょう。

2-3-1.無料回収業者

無料回収業者は、テレビなどの家電をリユースすることで収益を得ています。費用をかけずにテレビを処分したい場合に、大変有効な手段です。宅配回収を中心に行うため、全国どこからでも依頼できます。ただし、無料回収と名乗る業者の中には、トラブルが多い悪質な業者もあるため、慎重に業者を選ばなければなりません。

2-3-2.不用品回収業者

不用品回収業者の場合、1点あたり数千円の回収費用がかかります。ただし、テレビ以外にも不用品がある場合、同時回収が可能であるため、まとめて処分できるパック料金を選ぶとお得です。また、高年式で良好な状態のテレビは、買取にも対応しているのがメリットでしょう。回収料金から買取価格を差し引いてもらえればお得に処分ができます。しかし、不用品回収業者の数が増え、トラブルも多くなっているのが現状です。無料回収業者と同じように、業者選びがポイントになります。

2-4.業者選びの注意点

無料回収業者や不用品回収業者を選ぶポイントは、古物商の許可や産業廃棄物収集運搬業の許可を得ているか確認することです。トラブルを起こしやすい業者は、ほとんどが無許可営業であるため、許可の取得は良質な業者の基準として覚えておきましょう。

3.テレビを買取に出す方法

どんなものでも捨てればゴミになります。しかし、売ることができれば、ものの再利用や資源の有効活用につながるでしょう。買取に出す方法をご紹介します。

3-1.買取に出す前に確認すること

買取に出す前は、テレビの状態をよく確認しましょう。なぜなら、テレビの状態によって値段のつくものとつかないものがあるからです。製造から5年以内であれば、値段がつく可能性が高まります。しかし、傷や汚れがある・動作に問題がある・付属品がないなどの場合、買取不可となる可能性もあるでしょう。

3-2.買取に出す場合の注意点

テレビを買取に出す前に、カスタマーセンターにてB-CASカードの使用者変更手続きを終えてください。B-CASカードの使用者変更申請をしなかった場合、買取金額が引き下げられてしまう恐れがあります。少しでも値段をつけたいなら、B-CASカードの取り扱いには注意しましょう。

3-3.買取相場

買取相場は、メーカー・種類・状態によって違うため、一概にいくらと決めることはできません。サイズによっても異なるものです。40〜42インチの液晶テレビで、3万円前後が買取の目安となっています。ブラウン管テレビは需要が少ないため、買取価格がつかない可能性もあるでしょう。

3-4.高価買取が期待できる機種

高機能かつ高精細なテレビほど、高価買取となるものです。液晶テレビでも、最新式の4Kや有機ELを採用したものは高値になります。人気のあるメーカーは、ソニー・シャープ・東芝などです。録画機能があるものも人気があります。

3-5.高く売るポイント

テレビは新しいほうが、中古でも好まれます。そのため、不要になったら、なるべく早めに売ることが高値につなげるポイントです。また、査定では状態を細かくチェックされるため、細部までメンテナンスや清掃をするようにしましょう。画面の汚れは、手あか)やほこりをから拭きで取り除き、きれいに仕上げてください。

3-6.買取方法について

リサイクルショップや不用品回収業者などに依頼し、査定を受け買取価格を算出してもらう方法です。ほかには、自分で再販する方法もあります。それぞれメリットとデメリットがあるため、後述を参考にしてください。

3-6-1.リサイクルショップ

近隣のリサイクルショップを利用するのが、最もポピュラーな買取方法です。ただし、家電の買取を強化していない場合、買取価格が低くなる可能性もあります。また、傷や汚れなどを細部まで確認し、中古需要を見込んで買取価格をつけるため、思うような値段にならないこともあるものです。リサイクルショップで査定を受ける場合は、持ち込みが基本となります。

3-6-2.不用品回収業者

不用品回収業者では、幅広い品目の回収に対応しています。テレビ以外にも処分したいものがあれば、同時引き取りも可能です。家電リサイクル法対象品目も、積極的にリサイクル回収をしています。ただし、回収費用がかかるのがデメリットです。テレビ1台あたり数千円かかる場合もあります。回収方法は、宅配回収・店頭回収・出張回収です。手軽に利用できる方法を採用している業者を選びましょう。

3-6-3.自分で売る

オークションやフリマサイトに登録し、自分でテレビを売る方法も選ばれています。売りたい価格で出品することができるのがメリットです。しかし、テレビは重量がある精密機器なので、配送時のこん包はしっかり行わなければなりません。何かと手間がかかるため、時間と労力を費やすことができる方にだけおすすめします。

4.テレビの処分でよくある質問

テレビの処分に関する質問集です。参考にしてください。

Q.テレビのリサイクル料金はだいたいいくらかかるもの?
A.サイズによって異なります。3,000円前後が平均です。リサイクル料金については、メーカーごとに検索ができる、一般財団法人家電製品協会のホームページを参照してください。

Q.テレビを新規購入するときに、古いテレビを下取りに出すことはできないのか?
A.下取りを行っているかどうかは、店舗ごとに異なるため、まず確認してください。多くの店舗では、下取りではなく引き取りとなります。

Q.手続きや手配が面倒だからゴミ集積所に出すと、何か罰則を受けるのか?
A.はい。不法投棄となり、「5年以下の懲役若しくは1,000万円以下の罰金」、あるいは両方の罪が課せられることもあるのです。法人が不法投棄した場合、「3億円以下の罰金」と厳しい罰則になります。不法投棄は犯罪です。必ず、正しい方法で処分してください。

Q.テレビの買取をしてもらうときに、前もって準備しておくものはあるのか?
A.付属品がある場合、査定時までにそろえておきましょう。また、買取契約を結んだら、身分証の提示が必要です。パスポート・運転免許証・健康保険証などを用意してください。

Q.一番早くテレビを手放すことができる方法とは?
A.不用品回収業者は、どこよりもスピーディーに対応してくれます。リサイクルショップは持ち込みが必要で、納得できる価格のショップを探すまでに時間がかかるものです。自分で売る場合も、根気よく出品を続けなければなりません。迅速に処分したいなら、即日対応も可能な不用品回収業者を利用しましょう。

5.まとめ

いかがでしたか? テレビは家電リサイクル法の対象品目であるため、自治体で処分できなくなりました。販売店による引き取り・自分で指定引取場所に持ち込む・回収業者に依頼するという処分方法になります。処分には、リサイクル料金と収集運搬料が必要ですが、自分で持ち込む場合は収集運搬料はいりません。また、高年式で高精細なテレビは中古需要があるため、買取価格がつきやすいものです。リサイクルショップや回収業者に売る方法以外に、オークションやフリマサイトを使って自分で再販する方法もあります。テレビの処分を検討している方は、正しい処分方法やリサイクルについて覚えておきましょう。