液晶モニターを低コストで処分する方法や買取について詳しくご紹介

液晶モニターやディスプレイは、なるべくお金をかけずに処分したいですよね。処分費用を抑えるためには、リサイクル回収や買取を利用する方法があります。液晶モニターの処分方法や買取に関する知識を身につけ、処分時に困らないようにしましょう。本記事では、液晶モニターの処分についてご紹介します。

  1. 液晶モニターを処分する前に
  2. 液晶モニターの処分方法
  3. 液晶モニターを買取に出す方法
  4. 液晶モニターの処分や買取でよくある質問

この記事を読むことで、液晶モニターの処分についてよく分かります。不要な液晶モニターの処分で困っている方は必見です。

1.液晶モニターを処分する前に

液晶モニターはゴミとして処分することができるのでしょうか? 処分前の注意点と併せてご紹介します。

1-1.ゴミとして処分することはできない

液晶モニターは、ゴミとして処分することができません。内部にたくさんの金属が使われており、リサイクルすることで再資源化することが推奨されています。自治体では回収できないため、メーカーによるリサイクル回収を勧めるケースがほとんどです。もしくは、小型家電として自治体が設置する小型家電リサイクルボックスに持ち込む方法を選ぶことになります。

1-2.良好な状態のものは買取対象になる

傷や汚れがなく、良好な状態の液晶モニターなら買取対象になる可能性が高いでしょう。ただし、製造から5年以内と高年式のものに限られます。IO DATA・NEC・DELL・Apple・三菱電機などは大変人気があるメーカーです。中古需要が見込めるため、買取価格がつきやすいでしょう。

1-3.処分前は必ず査定を受けよう

年式が古くても、人気メーカーの液晶モニターなら買取できる場合があります。すぐに処分を考えず、まずは査定を受けてみてください。買取は難しくても、無料回収となる場合もあります。処分費用をかけずに、液晶モニターを手放すことができるでしょう。

2.液晶モニターの処分方法

液晶モニターの処分方法はいくつかあります。それぞれのメリット・デメリットも覚えておきましょう。

2-1.自治体で設置している小型家電リサイクルボックスを利用する

自治体で設置している小型家電リサイクルボックスなら、無料で利用できます。設置場所は、公共施設や家電量販店などです。自治体のホームページから、設置場所を確認し、自分で運搬してください。自治体によっては、小型家電リサイクルボックスを設置していない場合があるので事前の確認が必要です。無料でリサイクル回収に出すことができるメリットはあっても、ボックスの投入口に入らないものは回収してもらえないデメリットがあります。大型な液晶モニターの場合は、回収できないケースがあるため、あらかじめサイズの確認をしておくと安心です。

2-2.メーカーでも無償回収を行っている

液晶モニターのメーカーが分かる場合は、メーカーによる無償回収を利用する方法もおすすめです。無償回収の対象となるのは、PCリサイクルマークの表示があるものとなっています。表示がないものは、有償回収となるので注意してください。メーカーに直接連絡し、無償回収の手続きを行います。手続き後、メーカーよりエコゆうパック伝票が送られてきたら、液晶ディスプレイをしっかりこん包し、発送手配をしてください。有償回収の場合の費用は、3,240円ほどかかります。メーカーでは、ブラウン管モニターの回収も可能です。ブラウン管の場合は、回収に4,320円ほどかかります。

2-3.販売店ではリサイクル回収をしている

2013年4月1日に小型家電リサイクル法が施行されて以降、販売店でもリサイクル回収を請け負うようになりました。ヤマダ電機・ケーズデンキ・エディオンなどの大手量販店であれば、どの店舗でもリサイクル回収の依頼は可能です。ただし、リサイクル回収にあたり、回収費用が発生します。店舗ごとに料金が異なるため、事前に確認しておきましょう。サイズや種類によっても料金は変わります。また、リサイクル回収時は、液晶モニターを店頭に持参してください。

2-4.不用品回収業者は訪問回収してくれるので便利

不用品回収業者は、都合のいい日時に合わせて訪問してくれるため、忙しい方に適した方法です。とはいえ、回収費用がほかの方法より高くなるデメリットがあります。液晶モニター1台につき、数千円かかることもあるでしょう。不用品回収業者では、買取も行っています。買取査定を受け、買取不可ならその場で処分を依頼できるため、処分にかける時間を短縮できるのも魅力です。訪問回収にあたり、こん包や運搬が必要ないので、楽に処分したいという方にも適しているでしょう。

2-5.業者を利用する前はクチコミをチェックすること

無料回収業者や不用品回収業者は、年々数が増えています。しかし、中には実態がよく分からない業者もおり、料金トラブルや不法投棄などの問題を起こすケースがあるのです。業者を利用する前は、クチコミや評価などをチェックし、信頼できるところを選んでください。

3.液晶モニターを買取に出す方法

液晶モニターの買取先や自分で売却する方法などをご紹介します。

3-1.買取対象となる液晶モニターとは?

1-2でご紹介したとおり、高年式で状態がいいものは買取対象となります。画面のひび割れ・ドット抜けなどがあるものは、買取価格が下がるか、買取対象外となるので注意してください。

3-2.目立つ汚れは取り除くことが大事

査定前は、目立つ汚れやホコリを丁寧に拭き取り、なるべくきれいに見えるようにしておきましょう。きちんとメンテナンスをしているという印象を与えることが、査定では重要なポイントになります。高額査定を目指すなら、メンテナンスは怠らないようにしてください。液晶モニターの買取を強化している店舗を利用するのも1つの方法です。他店より高値で買取してくれる場合があります。付属品や外箱をつけると、査定では有利です。

3-3.リサイクルショップなら気軽に利用できる

近隣のリサイクルショップを利用し、買取を依頼する方法があります。リサイクルショップは、気軽に立ち寄れるのがメリットです。ただし、パソコンや液晶モニターの取り扱いが少ない店舗だと、買取価格が下がる傾向があります。ハードオフなどパソコンや周辺機器を多く取り扱うショップを選びましょう。また、持ち込みでの査定が基本なので、液晶モニターの運搬を慎重に行わなければなりません。液晶モニターの買取が可能か、大体の買取金額などを電話で聞いておき、複数の店舗を比較してから買取先を決めましょう。

3-4.不用品回収業者はリサイクルショップより高値で買取してくれる

不用品回収業者では、再販や修理部品としてリユースなどを行っているため、古い液晶モニターでも買取可能なのがメリットです。また、リサイクルショップより高値での買取が多くなっています。出張買取・持ち込み買取・宅配買取から、好みの方法を選んで依頼できるのも魅力でしょう。ただし、出張費用の有無・買取できない場合の回収費用は、あらかじめ確認しておいてください。処分となった場合、高額な費用が発生するケースもあります。

3-5.自分で売却するならネットオークションかフリマアプリ

液晶モニターは、自分で売却することができます。ネットオークションやフリマアプリを使って出品する方法です。液晶モニターの価格設定をする際は、事前に過去の取り引き状況を見て、大体の相場を調べておきましょう。メーカーや販売店の修理窓口などでメンテナンスや点検を受け、動作不良やトラブルがないことを確認してから出品すれば、売却後のクレームなども起こりにくくなります。ただし、ネットオークションやフリマアプリでは、年式が古いもの・状態が悪いもの・無名メーカーのものには値段がつきにくい傾向があるのが特徴です。液晶モニターは精密機器であるため、輸送時の故障や破損が起こらないよう、厳重にこん包し、安全に届けられる手段を確保してください。

4.液晶モニターの処分や買取でよくある質問

液晶モニターの処分や買取に関する質問を用意しました。処分時の参考にしてください。

Q.メーカーが分からない場合はどうすべきか?
A.メーカーが分からない場合は、パソコン3R推進協会にリサイクル回収を依頼しましょう。すでに廃業しているメーカーのものでも、リサイクル回収を行ってくれます。ただし、申し込み方法は、ホームページのメールフォームかFAXだけなので注意してください。リサイクル回収には4,320円ほどかかります。

Q.タッチパネル式の液晶モニターは、高額査定になるのか?
A.はい、なります。タッチパネル式の液晶モニターは、比較的年式が新しいものが多く、中古ニーズも高いためです。付属品などを添えれば、より高値で買取となるでしょう。

Q.液晶モニターを粗大ゴミで出した場合はどうなるのか?
A.液晶モニターは粗大ゴミには分類されないため、不法投棄と見なされてしまう場合があります。内部の金属を資源として有効活用するためにも、きちんとリサイクル回収に出しましょう。

Q.電源ケーブルやACアダプターなどの付属品がない場合は、買取対象外となってしまうのか?
A.液晶モニターの稼働に必要なものがない場合は、買取対象外です。しかし、無料回収などを利用することはできます。無料回収業者は、インターネットで「液晶モニター 無料回収 地域名」と入力して検索可能です。会社概要やクチコミなどをよく確認し、信頼できる業者に依頼してください。

Q.故障しているものだと、ネットオークションでも売れないのか?
A.売れるケースもあります。たとえば、パソコンを自作している方やカスタマイズする方が、部品取りを目的に購入する場合もあるのです。故障しているものは、ジャンク品として出品してみてください。どこに不具合があるのかを明確に記しておくと、購入希望者が集まりやすくなります。

まとめ

いかがでしたか? 液晶モニターは、ゴミとして捨てることができません。PCリサイクルマークがあるものは、メーカーで無償回収が可能です。販売店でもリサイクル回収を受けつけています。運搬などの手間を省きたい場合は、不用品回収業者の活用が便利です。不用品回収業者は、買取にも対応しており、都合のいい日時を指定できるので、忙しい方にも適しています。液晶モニターは、年式やメーカーによっては買取対象となるため、処分する前に査定を受けるようにしましょう。

給湯器の交換工事・修理をお考えの方必見

トップブランドの給湯器が最大81%オフ!