断捨離の仕方をマスターして片付けをしよう!断捨離の基礎知識を紹介

近年、最低限のもので生活している人たちが注目を浴びています。積極的に断捨離を実践することで、精神的に余裕ができ毎日が楽しくなるでしょう。逆に、ものであふれかえっている生活環境はイライラしやすく、常に余裕がありません。そこで、快適な生活を送るためにも断捨離の基礎知識や実戦方法について詳しく説明します。これから、ものを減らそうと考えている人はぜひ参考にしてください。

  1. 断捨離の基礎知識
  2. 片付けられない症候群とは
  3. 断捨離の実践方法
  4. 断捨離した後にやるべきこと
  5. 不用品回収について
  6. 片付けの役立ち情報

この記事を読むことで正しい断捨離のやり方とコツがわかります。

1.断捨離の基礎知識

断捨離を始める前に、断捨離について詳しく知らなければなりません。基礎知識を身につけておけば、より効率的に断捨離ができるでしょう。それでは、断捨離とは何なのか、効果など詳しく説明します。

1‐1.断捨離とは

断捨離とはものへの執着心を捨てて要らないものを処分することです。本や洋服などつい増えてしまうものはあるでしょう。執着心を持っているからこそ、捨てられずに保管してしまいがちです。また、断捨離の目的は身のまわりをキレイにすること、精神的ストレスから解放される意味も持っています。ものがたくさんあふれている生活環境では精神にも悪影響をもたらすでしょう。自然とイライラしやすく、短気になりがちです。精神的に余裕を持つためにも、ものへの執着心をなくしていきましょう。

1‐2.断捨離効果(結婚、恋愛、人間関係)

断捨離には一体どんな効果があるのでしょうか。断捨離の効果は部屋がキレイになるだけではありません。いろいろな効果を把握して、断捨離への意欲を高めていきましょう。

1‐2‐1.断捨離の効果:結婚

結婚したいときに断捨離をするとよい効果が生まれます。なぜなら、気持ちに余裕ができるからです。結婚したい気持ちが高まると焦りが出てくるでしょう。焦ってばかりいては相手としっかり向き合うことができません。断捨離をして身のまわりにあるものを整理してください。自然と気持ちが楽に、前向きに明るくなれるでしょう。

1‐2‐2.断捨離の効果:恋愛

部屋をキレイにする断捨離は運気がアップします。仕事だけでなく、私生活においてもさまざまな面で効率があがるのです。実際、断捨離をすることで自分の自由な時間が増えたという人はいました。自分の自由時間が増えると恋愛に向ける時間もできるでしょう。必要なものだけで生きることは、好きなこと、お気に入りのもので囲まれている証拠です。恋愛にも自然と前向きな気持ちになれます。

1‐2‐3.断捨離の効果:人間関係

断捨離をすると人間関係にもいい効果が現れます。ものを減らすことだけが断捨離ではありません。自分にとって大切な人、大切ではない人を判断することで人間関係の整理ができます。人間関係に疲れてしまったときは、ぜひ断捨離をしてください。自分自身と向き合いながら人間関係を振り返るチャンスです。

1‐3.断捨離の本

断捨離についてもっと知りたい!と思っている人におすすめの本を紹介します。本屋で見たことがある人も多いと思いますが、やましたひでこ著の新・片づけ術「断捨離」という単行本です。2009年に発売された本で現在でもベストセラー1位になっています。断捨離のやり方が詳しくわかりやすく書かれているので理解しやすいです。

2.片付けられない症候群とは

「片付けられない症候群」という言葉をご存じでしょうか。片づけられない症候群は精神疾患と深く関係しています。ADHD(注意欠陥多動性障害)やADD(注意欠陥障害)と、発達障害が当てはまるでしょう。それでは、片付けられない症候群に関係する汚部屋の定義や問題点、捨てられない心理について説明します。

2‐1.汚部屋の定義

断捨離の意味はものへの執着を捨てることです。そして、汚部屋の定義は「人を呼べない」「不衛生で食事場所に適さない」「足の踏み場がない」の3つに当てはまります。片付けられない人は自分の部屋が汚いと思っていません。まずは、自分の部屋が汚いと意識することが大切ですね。

2‐2.汚部屋の問題点

汚部屋だからこそ積極的に断捨離をしなければなりません。汚部屋の状態が長く続けば続くほど、さまざまな問題が発生します。たとえば、汚部屋が悪化してゴミ屋敷になる、近隣トラブルに発展する、衛生面の悪さから病気になるなどさまざまです。最初は気にならないことでも、汚部屋が長く続けば必ず問題点が出てきます。問題になる前に対処しておきたいですね。

2‐3.捨てられない心理とは

断捨離をしたくても捨てられない人は多いでしょう。捨てられないのには心理が関係しています。捨てられない心理でも人によってさまざまです。たとえば、もったいないから捨てられない、いつか使うときのために保管する、もらいものが捨てられないなど、ほとんどがものへの執着心からきています。自分がものに対してどう思っているのか、考えてみてください。自分自身と向き合うことが断捨離の仕方になります。

2‐4.片付けの必要性

なぜ、片付けなければならないのか疑問に思う人はいるでしょう。片付けをしなくても人は生きていけます。しかし、整理整頓をしなければホコリやダニ・ノミが部屋の中に増えるものです。結果、ハウスダストなどアレルギー症状を起こす、病気になりやすい体になります。健康的な生活を送るためにも片付けや掃除は必要です。

3.断捨離の実践方法

実際に断捨離を始めるとき、何からすればいいのでしょうか。部屋の断捨離がスムーズにできるよう、実践方法を身につけてください。

3‐1.やり方ポイント

断捨離の手順はとても簡単です。断捨離をする前に、食器や服、写真などカテゴリーを決めてください。断捨離を始める場所、クローゼットやキッチンと1か所にしぼるのもOKです。そして、「今必要なもの」と「不要なもの」にわけていきましょう。ものを分別するときは「今使っているかどうか」です。これから使うのではなく、今を目安に考えてください。どうしても迷ってしまうときは、一時保管ボックスをつくって後で考えるといいですよ。無理に捨てようとするのではなく、自分のペースでお別れをすることが大切になります。

3‐2.片付けに必要なもの

片付けや断捨離に必要なものは「ゴミ袋」「軍手」「掃除道具」の3点だけです。ものがたくさんある場合はゴミ袋を多めに用意しておいたほうがいいでしょう。そして、軍手は手にケガをしないようにするための防具です。ぞうきんやほうき、掃除機など掃除道具も用意してくださいね。

3-3.不用品の基準

不用品の判断基準で悩んでいるときは、1年以上使っているかどうかを基準にしましょう。「要らないもの」「要るもの」にわける場合、今使っているかどうかも確認してください。今使っていないもの、1年以上使っていないものは保管していても絶対に使いません。思いきって処分したほうが片付けられます。

3‐4.断捨離したいもの別

断捨離するべきものは服や本、思い出の品々、写真、子ども用品、食器などさまざまです。特に、つい増えてしまいがちな服や本は適度に整理整頓しなければなりません。そこで、それぞれ項目別に紹介していきましょう。

3‐4‐1.本について

定期的に雑誌を購読している、もらいものなど本はつい増えてしまいがちです。本棚はスペースに限りがあるため、定期的に整理してください。読んでいない雑誌は捨てていきましょう。絵本や小説などの種類は古本屋さんに売るといいですよ。

3‐4‐2.洋服について

本と同じく、洋服も年々増えていくものです。サイズが合っていない、着ていない洋服は次々と処分していってください。穴が開いていない、汚れていない洋服ならばお店で売ることができます。最近では、スマートフォンでも気軽に洋服が販売できるアプリが登場しているものです。ぜひ利用してみてください。

4.断捨離した後にやるべきこと

断捨離を実践した後、やるべきことがあります。断捨離で分別した不用品を処分することです。ごみをためこんでしまえば、せっかくキレイにした部屋がまた汚くなります。断捨離で後悔しないためにも、素早く不用品を処分していきましょう。

4‐1.不用品回収

不用品が大量にある場合、自分で処理するのは大変です。そこで、おすすめしたいのが不用品回収業者になります。不用品回収業者は一気に大量の不用品を回収してくれるでしょう。引っ越しで急に断捨離しなければならないときでも、即日対応可能です。出張エリア内であればすぐかけつけてくれるでしょう。

4‐2.リサイクル

もし、不用品の中にまだ使えるものがあればリサイクルにまわしてください。使える不用品は買取可能です。売れるものは売ったほうが処分費用の節約になります。不用品業者に依頼すれば、買取と回収同時にしてもらえるでしょう。業者のほかにも、リサイクルショップやネットオークションなどで不用品を売ることができます。自分の状況に合った方法でリサイクルしましょう。

4‐3.収納方法

要らないものは処分しますが、要るものはクローゼットやタンスに収納していきます。収納するときはものの置き場所をきちんと決めてください。使用頻度によって置き場所を決めるといいでしょう。よく使うものは手前に、使う機会が少ないものは奥のほうにしまってくださいね。

5.不用品回収について

不用品をスムーズに処分するには、不用品回収について知ることが大切です。不用品回収業者に依頼するメリットや業者選び、費用など詳しく説明します。

5‐1.プロに依頼するメリット

不用品回収業者に依頼する主なメリットは「一気に不用品が処分できること」です。自治体で処分する場合、わざわざ指定場所まで運び、1つずつ分別していかなければなりません。しかし、プロに依頼すれば分別する必要もなく、一気に処分できます。また、不用品の中で使えるものがあれば買取してくれるでしょう。

5‐2.業者選び

不用品回収業者選びは大切です。近年、業者とのトラブルが起きているため、悪徳業者と優良業者を見極めなければなりません。業者選びをする際、「見積書」を必ず確認してください。見積書の内訳がない、適当に記載している業者は信用できません。また、疑問・不審に思った点があればすぐ業者に尋ねましょう。丁寧に答えてくれる業者は信用できます。

5‐3.金額設定

不用品回収を依頼する際、費用がいくらかかるのか気になる人は多いでしょう。金額設定は業者によって異なります。不用品回収の目安としては、1,000円~8,000円と幅広いです。不用品の量が多ければ多いほど、処分費用が高くなります。依頼する前にきちんと見積もりを確認してくださいね。

5‐4.回収手順

不用品回収業者の手順は、申し込み→見積書の確認→出張回収の流れになります。急を要する場合は電話での申し込みがおすすめです。回収日時を指定すれば、約束した日に回収しにきてくれるでしょう。お店に直接持ち込むこともできますが、出張回収エリアの範囲内であれば自宅まで業者がやってきてくれますよ。

5‐5.不用品回収にかんしてよくある質問

不用品回収にかんしてよくある質問を5つピックアップしていきます。疑問点は不用品回収を依頼する前に解決していきましょう。

5‐5‐1.買取できるものは何?

買取対象の品目は業者によって異なります。家庭用電化製品から店舗・厨房機器、洋服、バッグ、子ども用品まで非常に幅広いです。基本、使えるものであれば買い取ってくれるでしょう。買取価格をあげるためにも、事前にキレイに掃除しておくといいですよ。

5‐5‐2.1品の処分でも利用できる?

不用品回収業者によっては1品から大量の不用品まで回収可能です。自分で処分できないものは業者に依頼したほうがスピーディーに処分できます。

5‐5‐3.回収された不用品はどうなるのか?

回収された不用品は業者によって再販売するか、または、部品に分解して再利用する方法があります。業者によって回収後の処理は異なるでしょう。正しい方法で処理しているかどうか、必ずチェックしてくださいね。

5‐5‐4.分別は自分でしたほうがいいのか?

業者に依頼すれば分別から処分まですべて受け持ってくれます。自分で分別する必要はないので、安心してください。

5‐5‐5.すぐに見積もりはしてくれるのか?

即日対応の業者であればすぐの見積もり、回収が可能です。急いでいる場合はホームページよりも電話で問い合わせたほうが早いでしょう。

6.片付けの役立ち情報

断捨離や部屋の片付けに役立つ書籍・ブログを紹介します。インターネットでは実際に断捨離を挑戦した人たちの体験談や日記がチェックできるでしょう。ぜひ参考にしてください。

6‐1.おすすめの書籍

片付け、断捨離におすすめしたい書籍はやましたひでこ著の「断捨離」のほかにもたくさんあります。世界中でヒットしている「毎日がときめく片づけの魔法」です。著者はテレビ出演もしている近藤麻理恵さん。部屋の片付け方について詳しく書かれています。また、池田暁子著の「片づけられない女のための こんどこそ!片づける技術」もおすすめです。

6‐2.ブログ紹介

一般人が断捨離を実践したブログはもちろん役立ちますが、おすすめしたいブログは「今本待喜子さんのブログ」です。今本待喜子さんはやましたひでこ氏が公認した断捨離トレーナーになります。断捨離について詳しい知識を持っているため、プロの目線から断捨離のコツが身につけられるでしょう。ホームページでブログがチェックできますよ。

今本待喜子さんのブログ

まとめ

いかがでしたか?断捨離は健康・美容・ダイエット・人間関係など私たちにいい影響を与えてくれます。今までものが捨てられなかった人でも基礎知識やコツをつかんでおけば、スムーズに断捨離ができるでしょう。大切なのは、自分自身と向き合いながらものへの執着心を薄くすることです。自分のペースで断捨離をすすめてくださいね。