デッドスペースの活用術! 意外な場所を使って収納力3倍アップ!

狭小住宅に住んでいて困るのは、収納スペースの少なさでしょう。
しまいきれないものが部屋にあふれ、散らかってしまいがちですよね。
そんなときチェックしてもらいたいのが、デッドスペース。
工夫すれば、もっとものを収納できるスペースを作り出すことができるでしょう。

そんな人たちのために、デッドスペースの活用方法をまとめてみたいと思います。

目次

  1. デッドスペースがうまれる場所
  2. デッドスペースの活用術
  3. スペース確保のために不用品を処分しよう
  4. まとめ

1.デッドスペースがうまれる場所

家の中には意外とデッドスペースがあるものです。
収納スペースとして活用できそうな場所をご紹介します。

1-1.押し入れ

押し入れは奥行きや高さがあるため、収納スペースとして大変便利です。
間仕切りがなく、たくさんの量を収納することができるでしょう。
しかし、実際にはうまく活用できていない人が多いのです。
その理由は、何も考えずにものを詰め込んでしまっているため。
収納スペースとして広すぎるため、どう使ったらよいのか分からない人が多いのです。
また、押し入れの中に衣装ケースなどを入れて収納している人もいます。
しかし、サイズがバラバラなものをいくつも使ってしまうと使い勝手が悪くなるでしょう。
押し入れの収納方法を見直すことで、思わぬデッドスペースがうまれる可能性があります。

1-2.家具同士の隙間

部屋の中をよく見渡してみてください。
タンスと壁との間、収納棚と別の棚との間に、微妙な隙間はありませんか?
このデッドスペースは、案外盲点になっていることが多いのです。
両端に壁がある状態ということは、つっぱり棒を張ることができる条件が整っています。
つっぱり棒を張ると新たな収納スペースがうまれるでしょう。
どのようなものを収納することができるか考えてみてください。

1-3.部屋の隅

部屋の隅も、デッドスペースになりやすい空間です。
家具屋さんに行けば「コーナー家具」という専用のインテリアも販売しています。
そういったものを活用して、部屋の隅にあるデッドスペースを有効活用してください。
この場所を収納スペースに変えることができれば収納力は大きく高まります。

2.デッドスペースの活用術

次に、デッドスペースの活用術についてご紹介します。
収納スペースとして使えそうな場所があれば、ぜひ試してみてください。

2-1.つっぱり棒を使う

つっぱり棒とは、伸縮や固定ができる棒のことです。
家具などに取り付けることができるため、収納スペースの確保に使用することが多くなっています。
家具同士の隙間や壁と柱の間、食器棚の上部、押し入れやクローゼットの中など、デッドスペースになっている空間の有効活用には最適でしょう。
たとえば、2本のつっぱり棒とサイズの合う天板を用意してください。
何もなかった空間に収納棚を作ることができます。
100円ショップで材料をそろえることも可能なので、ぜひ試してみてください。

2-2.DIYで収納スペースを作る

使わないともったいないデッドスペース。
「何かを収納したいけれど、上手にやる方法が分からない」という人も多いでしょう。
そのデッドスペースに合う、ちょうどよい収納グッズがあるとは限りませんよね。
そんなときは、DIYで収納スペースを作ってしまいましょう。
たとえば、テーブルの下やシンク下の扉裏に、粘着フックを使ってプラスチックのカゴを取り付けてみてください。
すぐに迷子になるリモコンや、キッチンが散らかる原因になるポリ袋や食品保存容器なども、すっきり収納することができるでしょう。
スノコで作ったウッドBOXをソファの下に入れてしまうのもおすすめです。
キャスター付きにすることで取り出しやすくなりますよ。

2-3.壁を活用した収納も

部屋の壁もデッドスペースと考えると収納力は格段にアップします。
壁に付けるタイプの収納棚を使って「見せる収納」を楽しみましょう。
見せる収納は、家具をあまり置けない狭小住宅において必要不可欠な収納方法とも言えます。
自分でちょうどよいサイズの棚をDIYして、壁に取り付けてみるのもよいでしょう。

3.スペース確保のために不用品を処分しよう

狭小住宅では、収納スペースを少しでも多く確保する必要があります。
しかし、収納スペースに収まりきらないほどものがある場合は、意味がないでしょう。
スペース確保のためにも、まずは不用品を処分してものを減らしてください。

3-1.ものを減らすポイント

ものを減らすためには、まず「必要なもの」と「不要なもの」に仕分けしていく必要があります。
この作業は意外と大変です。
「捨てるのがもったいない」「思い出の品だから」という理由で、使わないものを残している人は多いでしょう。
ものを減らすためには「今使っていないもの」は捨てていく覚悟が必要です。
まずは、「毎日使うもの」「時々使うもの」「あまり使わないもの」「まったく使わないもの」に分けてみてください。
「毎日使うもの」と「時々使うもの」だけ残して、あとは処分しましょう。

3-2.不用品を処分する方法

次に、不用品を処分する方法です。
「使わないけれど捨てるのはもったいない」と思うものは、リサイクルショップやネットオークションで売りましょう。
状態の悪いものは、自治体が回収するゴミの日に捨てます。
ただし、処分したいものが大量にある場合は、粗大ゴミに捨てるより不用品回収業者に依頼する方法がおすすめです。
分別の必要なく回収してもらえるため、大変便利でしょう。
買い取りも同時に行っている業者なら、状態のよいものだけ買い取ってもらうことができます。
お得に不用品を処分することができる可能性もあるでしょう。

4.まとめ

デッドスペースの活用術をご紹介しました。

  • デッドスペースがうまれる場所
  • デッドスペースの活用術
  • スペース確保のために不用品を処分しよう

「収納スペースが足りなくて困っている」「デッドスペースの活用法を知りたい」という人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。