パソコンのリサイクル料金は何円?お得な処分法を徹底解説!

パソコンは、私たちの暮らしを便利で豊かなものにしてくれます。もはや、パソコンがないと困る時代になりました。しかし、買い替えなどで古いパソコンを処分したいとき、リサイクル料金がいくらかかるのか気になりますよね。それに、どんな方法で処分すればいいのかよくわからないものです。そこで、今回は、パソコンのリサイクルや処分について、料金を含め、詳しく解説しましょう。

  1. パソコンのリサイクルについて
  2. パソコンのリサイクル料金について
  3. パソコンの処分について
  4. パソコンのリユースについて
  5. パソコンの廃棄やリサイクルの前にすべきこと
  6. パソコンのリサイクルにかんするよくある質問

この記事を読むことで、パソコンのリサイクルに必要な知識が身に付き、適切な方法で処分できるようになります。まずは、じっくり記事を読んでください。

1.パソコンのリサイクルについて

最初に、パソコンのリサイクルの基本を解説します。目的・必要性を理解し、PCリサイクル法の内容と対象品目も学びましょう。

1-1.パソコンのリサイクルとは

パソコンには、希少金属をはじめ、資源が豊富に使われています。壊れているものであっても、資源リサイクルに回し、まだ十分に使うことができるものは、中古品として活躍できるのです。資源を有効に活用する意味でも、パソコンは積極的にリサイクルしましょう。

1-2.パソコンのリサイクルの目的・必要性

パソコンのリサイクルの目的は、以下を参考にしてください。

  • 希少金属などの資源リサイクル
  • リチウムや鉛など危険物の適切な回収
  • ゴミの総量の削減

パソコンは買い替え頻度が高いため、適切にリサイクルすることが必要なのです。

1-3.PCリサイクル法について

PCリサイクル法は、パソコンに使われている希少金属などのリサイクルを目的とした法律です。パソコンメーカーは、自社の製品に限り使用済みのパソコンを、責任を持って回収する義務があります。メーカーでは回収したパソコンを分解し、素材ごとに資源リサイクルするのです。なお、PCリサイクル法があるため、自治体ではゴミとして回収をしていません。なお、PCリサイクル法と同じく、資源リサイクルを目的とした法律に小型家電リサイクル法があります。小型家電リサイクル法の対象品目になっている場合は、パソコンを自治体に回収してもらうことが可能です。

1-4.PCリサイクルの対象品目とは?

PCリサイクルの対象品目は、以下を参考にしてください。

  • デスクトップパソコン本体
  • ノートブックパソコン
  • CRTディスプレー
  • 液晶ディスプレー
  • CRTディスプレー一体型パソコン
  • 液晶ディスプレー一体型パソコン

なお、プリンター・スキャナー・ワープロ・タブレット端末などは対象外となります。

2.パソコンのリサイクル料金について

パソコンをリサイクルするときには、基本的に料金が必要です。支払いや付属品の扱い・必要な書類などを解説します。

2-1.パソコンのリサイクル料金とは

パソコンは、リサイクル料金の支払いが伴います。不要になったパソコンを分解し、資源ごとにわけるためにはたくさんの人の手がかかるからです。1台に付き、数千円程度かかります。パソコンリサイクル法により、リサイクル料金の支払いは消費者が負担することになっているため、きちんと従いましょう。なお、パソコンのリサイクル料金は、以下を参考にしてください。富士通・ソニー・NEC・東芝の大手メーカーは、同じ料金となります。

  • デスクトップパソコン本体:税込み3,240円
  • ノートブックパソコン:税込み3,240円
  • CRTディスプレー:税込み3,240円
  • 液晶ディスプレー:税込み3,240円
  • CRTディスプレー一体型パソコン:税込み4,320円
  • 液晶ディスプレー一体型パソコン:税込み4,320円

2-2.リサイクル料金の支払いについて

パソコンのリサイクル料金の支払いについては、以下を参考にしてください。

  • PCリサイクルマークが付いているもの:メーカー引き取りの場合のリサイクル料金が無料
  • PCリサイクルマークが付いていないもの:メーカー引き取り時にリサイクル料金の支払いが必要

パソコンのリサイクル料金が必要な場合は、メーカーの指示に従って支払いましょう。詳しくは、各メーカーのリサイクル受付窓口に問い合わせてください。

2-3.パソコンの付属品について

付属品の中でも、マウス・キーボード・スピーカー・ケーブル・充電器などはパソコンと同時に処分依頼ができます。付属品単体では、依頼できないので注意しましょう。単体で処分したい場合は、自治体の小型家電リサイクル法対象品目になっていないか調べてください。対象品目になっている場合は、専用の回収ボックスに入れることで処分できます。対象品目外であった場合は、自治体のルールに従ってゴミとして処分するなどの方法を検討してください。

3.パソコンの処分について

パソコンの処分について詳しく解説します。具体的な処分方法をメリット・デメリットと共に学びましょう。

3-1.パソコンの処分方法を知ろう

パソコンの処分方法にもさまざまなものがあります。ここでは、自治体・メーカー・販売店・回収業者それぞれの依頼方法を解説しましょう。

3-1-1.自治体に処分依頼する

パソコンは、PCリサイクル法があるため、ゴミとして自治体に出すことはできません。小型家電リサイクル法の対象となっている場合は、回収ボックスに入れることで処分可能です。

  • メリット:小型家電リサイクル法の対象品目となる場合は処分を依頼できる
  • デメリット:回収可能な場合でも指定場所まで運ぶ必要がある

3-1-2.メーカーに回収依頼する

パソコンは、メーカーに依頼すると回収してもらえます。メーカーの「PCリサイクル受付窓口」に連絡し、手続きをしてください。メーカーの指定場所に直接送付するか、回収にきてもらいましょう。なお、パソコンをいきなり送り付けても受け付けてもらえません。必ず、最初にメーカーに連絡してから指示どおりに手続きを進めてください。

  • メリット:PCリサイクルマークが付いていれば無料で回収可能
  • デメリット:PCリサイクルマークがないものはリサイクル料金の支払いが必要

3-1-3.販売店の下取り・引き取りを利用する

新品に買い替えるときは、販売店の下取りや引き取りを利用する方法もあります。販売店では、顧客獲得のためにキャンペーンを打つことがあるのでチェックしておきましょう。リサイクル方法は簡単で、販売店の店頭に処分したいパソコンを持ち込むだけです。無料でできることも多いので調べてみましょう。

  • メリット:新規買い替えと同時に処分できる・サービスで無料となることがある
  • デメリット:下取り・引き取りサービスの対象外のメーカー・機種がある場合がある

3-1-4.回収業者に処分を依頼する

不用品回収業者に古いパソコンの処分を依頼することもできます。業者に連絡して、回収費用の見積もりを依頼してください。希望日時・場所で、直接回収してもらえるため、ほかの処分方法よりも楽に手続きが進みます。中古品として価値があるものは、買い取りできることもあるのでお得です。パソコンのほかにも不用品があれば、同時に依頼してしまいましょう。

  • メリット:希望日時と場所を指定して回収してもらえる・買い取り可能なこともある
  • デメリット:回収費用がかかることもある

3-2.パソコンの処分にかんする注意点

パソコンの処分は、できるだけリサイクルを前提とした処分方法を選んでください。特に、まだ使うことができるものは、中古品としてのリユースをおすすめします。不要になったパソコンでも中古品として再生でき、貴重な資源をムダにすることもありません。さらに、業者に買い取り依頼をすることで、処分費用がかからないだけでなく、買い取り代金を手にできるなどいいことばかりです。

4.パソコンのリユースについて

まだ十分に使えるパソコンは、積極的にリユースしましょう。業者に買い取りを依頼する方法や、いい業者の選び方などを解説します。

4-1.パソコンの買い取りについて

パソコンの買い取りができるのか、買い取りできるための条件などについて詳しく解説します。

4-1-1.パソコンの買い取りはできるか

まだ十分に使用できるものであれば、買い取りできます。業者で買い取り後、クリーニングと簡単な調整をして中古品として再販するからです。パソコンは、中古品であっても家族用や学習用・サブマシン用などで需要があります。パソコンの買い取りを積極的に行っている業者に査定を依頼してみましょう。

4-1-2.買い取りが可能なパソコンの条件は?

業者で買い取り可能なパソコンにも、いくつかの条件があります。多くの業者では、以下の条件を提示しているものです。

  • 年式が新しい
  • 人気メーカー・ブランドのもの
  • 問題なく動作する
  • 液晶画面にヒビ・割れ・ひどい色ムラがない
  • 目立つ傷・汚れ・ひどいにおいがない
  • 付属品・使用説明書・箱がある

4-2.業者の査定について

業者では、パソコンの買い取り依頼後、査定を行って価格を決定します。査定結果を見て実際に売るかどうか考えましょう。なお、査定価格は、業者によっても異なります。なお、価格に納得できないときは、複数の業者に査定依頼し、比較をしても構いません。

4-3.買い取りしてくれるところは?

パソコンの買い取りをしてくれるところは、以下のようなところです。

  • リサイクルショップ
  • OA機器専門買取業者
  • 不用品回収業者

4-4.業者の選び方を学ぼう

パソコンは、信頼できる業者に買い取りを依頼することが何よりも重要です。たとえば、以下のポイントを満たすところなら安心と言えます。

  • パソコンの買い取りを積極的に行っている
  • 買い取り対象外で回収処分を行っている
  • 資源リサイクルを積極的に行っている
  • 問い合わせなどの対応が親切で感じがいい
  • 査定だけなら無料
  • 回収料金がリーズナブル
  • 指定日時・場所での回収が可能
  • 顧客からの評判がいい
  • 古物商許可・産業廃棄物収集運搬許可を得ている

なお、当不用品回収センターでも、パソコンの買い取りを積極的に行っています。まずは、無料査定からご依頼ください。

4-5.パソコンの買取相場について

パソコンの買取相場は、中古市場の需要と供給のバランスで決まります。相場は常に変動しているので、高くなっているときに売ることが理想です。人気ブランドのパソコンほど、相場が安定しています。また、パソコンは古くなるほど価格が下がる傾向があるため、売りたいときに売ってしまうのが、結局のところ最善といえるでしょう。

4-6.パソコンのリユースにかんする注意点

パソコンのリユースは、誠実な査定をしているところに依頼してください。業者の中には、価値があるのにもかかわらず、いろいろな理由を付けて低い査定をするところもあります。査定金額に納得できないときは、1回保留にし、ほかの業者に改めて依頼してみるといいでしょう。複数の業者で似たような金額を提示する場合は、適正な査定をしていると判断するべきです。最終的には、最も信頼できる業者を選んで依頼してください。

5.パソコンの廃棄やリサイクルの前にすべきこと

パソコンの廃棄やリサイクルの前には、内部データの消去などやっておくべきことがあります。具体的に見ていきましょう。

5-1.パソコンを売る前にしておくべきことは?

パソコンを売る前には、以下のことをしておきましょう。

  • クリーニング(できる範囲で)
  • 付属品・箱・説明書などをそろえる
  • 内部データのバックアップ
  • 内部データの消去・パソコンの初期化

5-2.パソコンの内部データについて

パソコンには、個人情報を含む内部データが残っています。売る前には、確実に消去した状態にしてください。不完全な状態で業者に渡した場合、個人情報が流出してしまう可能性があります。パソコンの内部データを消去するためには、専用ソフトを使って自分で行うか、業者に依頼してください。自分でデータ消去をする場合は、評価の高いフリーソフト「DESTROY」などを利用するといいでしょう。

5-3.パソコンの廃棄やリサイクルの前にするべきことの注意点

自分では完全に内部データを消去したつもりでも、不完全なことはよくあります。信頼できる業者にデータ消去サービスを依頼するほうが確実です。中には、「データ消去証明書」を発行してくれるところもあります。自分で行うより簡単で便利なので利用するといいでしょう。なお、悪徳業者の手に渡った場合は、内部データを悪用する可能性もあります。データ消去サービスの依頼は、特に注意してください。

6.パソコンのリサイクルにかんするよくある質問

最後に、パソコンのリサイクルにかんするよくある質問に回答します。満足する結果を手に入れるためにも、それぞれ確認しておきましょう。

6-1. パソコンの寿命は何年ぐらいですか?

パソコンは、約4年で寿命を迎えます。使用頻度が高い場合は、もっと早く寿命が来ることもあるでしょう。反応が遅くなる・異音がする・異常に発熱する・頻繁に落ちるようになったなど、寿命を迎えるまでに何らかの前兆があるものです。寿命を迎える前に、必要なデータのバックアップを取り、いつでも買い替えできるようにしておきましょう。

6-2.複数台のパソコンをリサイクルする場合はまとめて手続きできますか?

PCリサイクル法に沿った処分では、パソコンは1台ずつ手続きをすることになります。処分が面倒な場合は、不用品回収業者に依頼することを検討してみましょう。不用品回収業者を利用すれば面倒な手続きもなく、複数のパソコンを同時処分してもらうことができて何かと便利です。

6-3.パソコン本体とディスプレーが別になっているもののリサイクル料金は?

PCリサイクル法では、パソコン本体とディスプレーそれぞれにリサイクル料金が必要です。たとえば、デスクトップパソコン本体とディスプレーを同時処分する場合、ソニー製のものなら合計で税込み7,560円となります。なお、同時に処分依頼しても割安になることはありません。

6-4. どんなに古いパソコンでもまだ使うことができれば買い取りしてもらえますか?

買い取り対象となるパソコンは、再販を前提としています。従って、古過ぎるパソコンは中古市場での需要がないことを理由に、買い取りできないことが多くなるのです。不用品回収業者なら、買い取りできなくても回収処分ができます。資源リサイクルに回すことで有効に活用できると考えてください。

6-5.液晶が割れてしまったパソコンでもリサイクルできますか?

液晶の割れは、パソコンにとって致命傷となります。買い取りは不可能と言われても資源リサイクルに回すことは可能です。ただし、業者によっては液晶割れのパソコンを、安全のために回収をしていないこともあります。回収見積もりを依頼するときに、事前に確認しておくといいでしょう。

まとめ

今回は、パソコンのリサイクルについて料金を含め、詳しく解説しました。パソコンは、PCリサイクル法の対象であり、ゴミとして処分することはできません。貴重な資源を有効活用するためにも、パソコンをリユースできないか検討してください。まだ使用できる状態のものなら、業者で買い取ってもらえることもあります。買い取り対象となれば、リサイクル料金の支払いも必要なく、買い取り代金も手に入るなどメリットが大きいので積極的に考えてみましょう。