カラーボックスを使った収納を考えよう! 活用方法や注意点について

カラーボックスは、大容量でいろいろなものを収納できるアイテムとして、多くの家庭で使われています。とはいえ、カラーボックスにものを詰め込んでしまうと、汚らしい印象になってしまうものです。収納のポイントをしっかり理解し、カラーボックスをうまく活用してください。本記事では、カラーボックス収納や活用方法についてご紹介します。

  1. カラーボックス収納はなぜ人気?
  2. カラーボックス収納のポイントは?
  3. カラーボックス収納:場所別活用方法
  4. カラーボックス収納:活用の注意点
  5. カラーボックス収納でよくある質問

この記事を読むことで、カラーボックス収納についてよく分かります。場所別の収納方法や注意点を覚えておき、使い勝手のいい収納を目指しましょう。

1.カラーボックス収納はなぜ人気?

カラーボックスは、多くの家庭で使われている収納の1つです。人気の理由を考えていきましょう。

1-1.カラーボックスとは?

カラーボックスの多くは、木のチップを圧縮した素材を使っています。軽量で柔らかいのが特徴でしょう。幅は42cm前後、奥行きは29cm前後が中心です。高さは1段から3段くらいまでのものが多く売られています。大きいものでは、8段ほどの高さがあるカラーボックスもあるでしょう。ホームセンターや家具量販店などで購入可能です。

1-2.カラーボックスの利便性

カラーボックスは棚板を移動することができるものもあり、収納するものに合わせて使い方を変えられるため、利便性が高い収納です。また、表面が滑らかで汚れがつきにくく、手入れがしやすいのも人気の理由でしょう。リーズナブルな価格で大容量の収納が実現できるため、コストパフォーマンスの良さも魅力です。布を貼り付ける・リメイクするなど、手軽にDIYも楽しむことができます。

2.カラーボックス収納のポイントは?

カラーボックス収納を設置するときのポイントをご紹介します。

2-1.置き方のポイント

カラーボックスは、縦置きと横置きができるのが特徴です。縦置きの場合、中身を取り出しやすいように、引き出しやカゴを併用することもできます。横置きの場合、A4サイズの書類や雑誌の収納も可能です。サイズ違いのものを並べ、段差を利用して飾り棚として使うこともできるでしょう。間口を上向きに設置すれば深さを利用し、おもちゃの収納箱として使うこともできます。

2-2.隠す収納のポイント

カラーボックスは扉のないオープンタイプが一般的です。開放感がある反面、そのままものを詰め込んでしまうと中身が露出し、ごちゃごちゃした印象になることが多くなります。すっきりした印象にしたいなら、隠す収納を考えていきましょう。

2-2-1.引き出しなどを使う

引き出しやカゴなどのインナーボックスを利用すれば、隠す収納を簡単に作ることができます。インナーボックスは手前に引き出すことができ、中身が一目で分かり、奥のものでも取り出しやすくなるのがメリットです。

2-2-2.ファイルボックスを収納する

カラーボックスは、ファイルボックスの収納に適しています。ファイルボックスに書類をまとめれば、かさばる・斜めに倒れるなどの問題も解消し、すっきりしまうことができるのがメリットです。中身を把握しやすいよう、ファイルボックスにラベリングを施しておくといいでしょう。

2-2-3.布でカバーを作る

カラーボックス用の布カバーが市販されています。布を用意し、DIYで作ることも可能です。カラーボックスの天板に布を取り付けるだけで、カラーボックスの目隠しができます。カラーボックスの内側に突っ張り棒を設置し、カーテンを取り付ける方法も隠す収納を作るアイデアです。布やカーテンはインテリアと色味をそろえると、生活感をなくすことができます。

2-3.見せる収納のポイント

隠す収納だけではなく、カラーボックスを利用した見せる収納も考えてみましょう。ものを詰め込む棚として利用せず、部屋のアクセントとして使う方法も取り入れてみてください。見せる収納には、観葉植物を配置する・飾り棚として活用する・間仕切りに使うなどの方法があります。

2-4.リメイクやDIYもおすすめ

カラーボックスをそのまま配置してしまうと、生活感がむき出しになってしまう場合があります。部屋の雰囲気に合わせてペイントを施す・天然木の天板を乗せて使う・背板にリメイクシートを貼り付ける・ペイントするなどの方法もおすすめです。リメイクで、好みのカラーボックスをアレンジしてみてください。重さに耐えられるカラーボックスなら、2つのカラーボックスを横置きでL字に配置し、テレビ台として使うこともできます。

3.カラーボックス収納:場所別活用方法

場所別のカラーボックス活用方法をご紹介します。

3-1.子供部屋

子供部屋の場合、カラーボックスを子供服・赤ちゃん服の収納やおもちゃ箱に使う方法がおすすめです。赤ちゃん服をしまう場合は、引き出しやケースを活用し、出し入れしやすい環境にしましょう。おもちゃ箱として使うなら、間口を上向きにするか、横置きにして棚にカゴを設置します。子供の目線で考え、片付けやすい環境を作る工夫が大切です。

3-2.キッチン

キッチンでは、カラーボックスに天板を乗せ、カウンターとして使う方法がおすすめです。キッチンの収納を広げることができ、カウンターを設置することで作業スペースも確保できます。ただし、カラーボックスは水分に弱いため、水が直接かかる場所での使用は避けてください。

3-3.リビング

リビングでは、飾り棚やテレビ台としてカラーボックスを使う方法以外に、横置きにしてクッションを乗せ、強度を確認したうえでベンチの代用品として使う方法があります。パーティションとして配置するなど、部屋のアクセントとして活用する方法もおすすめです。ペイントなども施し、おしゃれな空間を作りましょう。

3-4.押し入れやクローゼット

押し入れは奥行きがあるため、カラーボックスの設置に適しています。押し入れの壁面や奥に配置し、空間の無駄が出るのを防ぎましょう。また、引き出しやケースを併用するなど、出し入れしやしすい状態にしておくこともポイントです。押し入れより奥行きがないクローゼットでも、コンパクトなカラーボックスはすっきり収まります。衣類や小物もきれいにしまうことができるでしょう。

4.カラーボックス収納:活用の注意点

カラーボックスを使うときは、注意点をよく理解しておくことが大切です。

4-1.カラーボックス収納に向いていないもの

カラーボックスの素材によっては、中空構造になっているものがあります。軽量で扱いやすいメリットがある反面、強度がないのが難点です。本などの重たいものは載せないでください。一方、パーティクルボードと呼ばれる木質ボードは重量があり、頑丈なのが特徴です。収納するものに合わせ、素材にも着目しましょう。

4-2.湿気対策

カラーボックスは、水に弱い性質があります。湿気がこもりやすい場所や、水回りには使用しないようにしましょう。また、カラーボックスの裏側はホコリが溜(た)まりやすく、湿気を吸着してカビが生えることがあります。壁から5cmほどすき間を設けて通気を維持し、こまめな掃除を行いましょう。

4-3.DIYをするときの注意点

カラーボックスを組み合わせ、カウンター・ベンチ・ベッドなどを作ることができます。DIYを行う際は、カラーボックスの破損が起こらないよう、頑丈な板で補強するなど、強度を増す施工を行ってください。また、カラーボックスを縦積みして高さのある配置にする方法は危険です。積み上げたカラーボックスが倒れてくる可能性があるため、安全な配置を心がけましょう。

5.カラーボックス収納でよくある質問

カラーボックス収納に関する疑問を集めました。活用する際の参考にしてください。

Q.カラーボックスをおしゃれな印象にするコツは?
A.インナーボックスに天然素材のバスケットや落ち着いた色味の布を用いると、おしゃれな印象になります。プラスチック製の箱などは、軽量で安価というメリットはあっても、見栄えがあまりよくないため、慎重に選びましょう。

Q.カラーボックスの棚板を動かす方法は?
A.カラーボックスにも種類があります。棚板が可動式のものとそうではないものがあるため、購入時によく確認しましょう。可動式の棚は、ビスの位置を変えて棚板を動かすだけです。しまうものの高さに合わせて位置を変えましょう。

Q.強度が不十分なカラーボックスに重たいものを入れるとどうなるのか?
A.棚板の歪(ゆが)みやたわみ・ビスの破損・カラーボックスの傾きなどが起こります。カラーボックスはそれぞれ耐荷重が異なるため、収納するものの重さに適したものを選びましょう。

Q.カラーボックスを横置きにし、3段に重ねる方法は危険なのか?
A.横置きの場合でも、2段程度に留(とど)めておきましょう。地震や衝撃などが原因で、倒れてくる可能性があります。

Q.DIYでカラーボックスに扉を取り付けたい場合はどうすべきか?
A.100均のカラーボックス用プラスチックドアを利用しましょう。リメイクシートを貼れば、無機質なプラスチック素材でもおしゃれな仕上がりになります。

まとめ

いかがでしたか? カラーボックスは、収納に大変便利なアイテムです。アイデアしだいで、活用の幅が広がります。隠す収納と見せる収納を組み合わせることが、おしゃれな印象を与えるコツです。DIYでリメイクすることもできるため、自分なりの収納を作ってみましょう。カラーボックスの活用方法を覚え、自宅の収納に生かしてください。