苦手な掃除を克服しよう!片付けと整理のコツを紹介

部屋を片付けようと思っても、思い通りに進まないことで掃除に苦手意識を持ってしまいます。
片付けや掃除が苦手であっても、整理の方法やコツを知ることで誰でも掃除ベタを克服できるのです。
掃除が苦手な方のために、片付けや整理のコツや方法について詳しくご紹介しましょう。

  1. 掃除の苦手意識を克服するには?
  2. 上手な片付けのコツとポイント
  3. 整理・処分で片付けの負担を軽減

1.掃除の苦手意識を克服するには?

1-1.掃除が苦手になる理由とは?

掃除に対して苦手意識を持ってしまうのには理由があります。
掃除が苦手になってしまう理由についてご紹介しましょう。

1-1-1.掃除の成果が現れない

「掃除をしてもキレイにならない」
「すぐに散らかってしまう」
というようなイメージを持つことは掃除を苦手にしてしまう原因なのです。
成果が現れないことで、掃除へのやる気を失ってしまうのは苦手意識を持つ一つの原因になります。
掃除への苦手意識を克服するためにも、“成果のある掃除”を実践することが大切です。

1-1-2.どこから手を付けてよいかわからない

掃除を始めようと考えても、どこから始めればよいかわからないというのは、よくある悩みです。
どこから始めたらよいのかわからない場合には、まずは“部屋の中でものが多い場所”から始めましょう。

1-2.楽しく掃除をしよう!

掃除は楽しくすることが大切です。
掃除を楽しくするためは、天候や気候なども大切な要因になります。
楽しく掃除をするために最適な時期についてご紹介しましょう。

1-2-1.天候をチェックしよう!

よく晴れた休日は、気持ちよく掃除ができます。
天気予報をチェックして“よく晴れた日”に掃除の日取りを決めましょう。
気持ちよく掃除を進めるためには、日取りの選定も大切です。

1-2-2.春は大掃除の季節

掃除は定期的におこなうのですが、年に数回は大掃除をおこなうのも大切な心がけです。
欧米では“スプリング・クリーニング”といって、春の大掃除が大切な習慣になっています。
大掃除というと年末をイメージしますが“春の大掃除”も掃除には最適な季節なのです。

1-3.春の大掃除(スプリング・クリーニング)を始めてみよう!

春の大掃除には多くのメリットがあります。
心地よい季節である春に大掃除を始めてみましょう。

1-3-1.気持ちをリフレッシュしよう!

春は大掃除に向いている季節です。
特にスギ花粉の落ち着く4~5月は気持ちよく掃除のできる季節になります。
掃除が苦手という方も春の大掃除で気持ちをリフレッシュしてみましょう。

1-3-2.春は汚れが落ちやすい?

春は冬よりも汚れが落ちやすいというメリットがあります。
汚れは暖かい方が落ちやすいため、冬よりも春の方が大掃除に向いているのです。
汚れを落とすのが苦手という方は、春の大掃除を実践してみましょう。

2.上手な片付けのコツとポイント

2-1.掃除の順番とは?

掃除は“気になった場所から始める”というのが基本なのです。
しかし、掃除が苦手な方にとっては“気になる場所”というのが悩みの種になってしまいます。
そこで、掃除を効率的に進める順番についてご紹介しましょう。

STEP1:見えない場所から掃除を始める

掃除・整理はクローゼットや押し入れなど収納場所から始めましょう。
収納を整理することで、新たな収納スペースの確保ができます。
収納スペースを確保することは掃除・整理の最大のポイントです。
普段、見えない場所には無駄なスペースや不要なものが多く存在します。
掃除を効率的に進めるためにも、見えない場所の掃除をしましょう。

STEP2:不要なものを処分する

掃除に大切なのは“ものを捨てる”という行動です。
掃除が苦手になってしまう原因の一つに“ものを捨てることができない”ということがあります。
不要なものの処分は、片付けへの苦手意識を克服の第1歩です。
確実に必要のないものから処分を始めて部屋の掃除を進めましょう。

STEP3:住空間の掃除を始める

見えない場所の整理、不用品の処分を終えたあとは、本格的な掃除の開始です。
収納の整理や不用品の処分で生じたスペースに、住空間を圧迫しているものを収めましょう。
住空間を整理は掃除や整理の苦手意識を克服するための最終段階です。
キレイな部屋を少しでも長く維持するためにも、徹底して掃除をすることが大切な心がけになります。

2-2.掃除ベタを克服する方法

2-2-1.掃除を習慣化しよう

掃除ベタを克服する最も効果的な方法が“掃除を習慣化”することです。
しかし、掃除を習慣化することは最も難しい対策といえるでしょう。
掃除を習慣化するといっても簡単に身に付くものではありません。
掃除を習慣化するためには小さなことから始めることが大切なのです。

2-2-2.使ったものは片付ける

掃除を習慣化するために大切な意識が“使ったものは片付ける”ということです。
当たり前のことなのですが、掃除が苦手という方の多くが使ったものを放置してしまう傾向にあります。
使ったものを片付けるという意識を持つだけでも、掃除の習慣化には大切です。

2-2-3.収納グッズを楽しく選ぶ

掃除や整理が苦手という方の多くが、収納に対して苦手意識を持っています。
整理ができないという場合のほとんどは、収納スペースの不足が原因です。
収納グッズを使って部屋のスペースを有効利用して収納スペースを確保してみましょう。
アイデア収納グッズを自分の部屋に合わせて選ぶのは非常に楽しいものです。
楽しみながら掃除・整理をするというのが掃除ベタを克服するための大切な心構えになります。

2-3.散らかりやすい場所を知る

部屋の中の散らかり方には大きな差があります。
“散らかりやすい場所を知る”ということは掃除ベタを克服するうえで大切な意識です。
部屋の中で散らかりやすい場所と対策についてご紹介しましょう。

2-3-1.ダイニングキッチン

料理、食事によって家の中でも最も汚れやすい場所がダイニングキッチンです。
油汚れなど落ちにくい汚れが多く掃除が難しい特徴があります。
キッチンは掃除をサボっていると、短期間で汚れてしまう空間です。
汚れを掃除するためには、油汚れ用の洗剤などの掃除グッズを効果的に使用しましょう。
キッチンの汚れは“できる限り早めに対処する”というのが掃除の負担を軽減するポイントです。

2-3-2.リビングルーム

ダイニングキッチンに次いで散らかりやすいのがリビングルームです。
リビングルームは、生活によってものが散らかりやすいという特徴があります。
リビングルームは衣類や生活雑貨など非常にものの多い場所です。
整理整頓をしてものを増やさないことがリビングルームの掃除のポイントになります。

3.整理・処分で片付けの負担を軽減

3-1.便利掃除グッズで軽減掃除の負担を軽減

掃除が苦手という方の多くが掃除の要領が悪い傾向にあります。
便利な掃除グッズを使うことは掃除の効率化に効果的です。
掃除グッズには“掃除を簡単にするもの”と“汚れを防止するもの”の2種類があります。
用途に合わせて効果的に使用して掃除を効率的に進めましょう。

3-2.ものを減らして掃除の負担軽減

掃除ベタを克服するためには、掃除の負担を減らすことが大切です。
ものを減らすことで、掃除にかかる労力を大幅に軽減できます。
掃除の負担を減らすためには、ものを減らすことも大切な選択なのです。
整理・処分は非常に難しい選択ですが、掃除の負担を減らすための最も効果的な方法になります。
掃除が苦手で家や部屋を整理できない場合には、不用品の処分を検討してみましょう。

3-3.不用品は賢く処分

不用品を処分するといっても、捨ててしまうだけではあまり賢い整理整頓とはいえません。
まだまだ使える不用品であれば、出張買い取りサービスを利用してリユース・リサイクルするのも大切です。
不用品回収・買い取りサービスでは、不用品の買い取りサービスに加えて“粗大ゴミ回収サービス”を利用できます。
掃除が苦手で自分だけでは掃除ができないという場合には、粗大ゴミ回収サービスを利用して不用品やゴミを処分するのもよいでしょう。

まとめ

掃除が苦手ということを克服するためには、掃除に対して意識を変えることが大切です。
楽しく掃除ができる環境を整えることは、掃除ベタを改善するための方法になります。
“掃除の負担が少ない”“掃除に時間がかからない”などの掃除に対して負担を抑えることは掃除を楽しくする方法なのです。
掃除の負担を少なくするためにも、片付けを習慣化することも大切になります。
掃除や整理を効率化して、片付けを習慣化するように努力して掃除への苦手意識を変えてみましょう!