片付けで捨てることができないのはなぜ? モノを抱え込む理由は?

自宅にモノを抱え込んでしまう、いわゆる片付けられない人がたくさんいます。
上手に収納を設置していても、そこにはモノがぎっしり詰まっている。収納がいっぱいになったから、また別の収納が増えていく。
悪循環ですよね。
なかなか捨てられない人は、どのようなタイプなのでしょうか? 抱え込んでしまう原因をご紹介します。

1.モノを抱え込んでしまう原因

モノを抱え込んでしまう人は、少なからず片付けられない性格を持つ持ち主です。最初は、一つ二つだったかもしれませんが、気がつけば足の踏み場もないほどモノで散乱している状態になっている、よく耳にする話でしょう。
些細(ささい)なことの積み重ねが、ゴミ屋敷につながる結果をまねきかねません。

1-1.収集癖がある

漫画のようにシリーズ形式のモノは比較的集めやすく、欲しいからつい買っているうちに膨大な量になってしまったというのも、よく聞く話です。フィギュアなどのコレクターズアイテムでは、希少価値のある品も多く、苦労して入手した品を手放すことなんて考えられないというのが本音でしょう。
こうした品々が知らず知らずに増えていってしまう人は、収集癖があるようです。購入前にどうしても必要なものであるのかを確認する前に、物欲を抑えきれずに衝動買いしてしまう傾向があります。

1-2.モノを集めていることによる安心感

前述のとおり、好きな品々に囲まれた生活は、その人にとって居心地のいい環境であると考えられます。物欲を満たすことで、安心感が得られるのではないでしょうか? 
インテリアや雑貨にこだわりを持つのと同じく、好きなモノに囲まれた生活は、寂しさや孤独を紛らわせる心の拠(よ)り所となっているはずです。
最近問題化しているゴミ屋敷の背景には、心理的要因も考えられることでしょう。

1-3.もったいない精神が働く

モノが捨てられない原因の一つに、もったいない精神が働いてしまう傾向があります。
「まだ使えるのに捨てるなんてできない」
モノを大事にするのは大切なことですが、その精神が過剰に働いてしまうと、不要なものまで溜(た)め込んでしまう結果につながります。普段使わないけれど、まだ使う可能性があると感じて、捨てずにとっておいてしまう。この繰り返しにより、モノが増えていってしまうのでしょう。

2.モノを捨てる判断基準

収集癖がある人や、もったいない精神にあふれた人に対して断捨離を促しても、なかなか理想的な片付けなど進まないものです。そうした人々の中には、他人からは理解しにくいモノへの執着や愛情が存在します。どの品にも思い入れがあり、捨てる判断基準を定めるのが難しい場合もあるはず。どのようにモノを捨てればいいのでしょうか?

2-1.日常的に使っているモノかどうか

日常的に使っている品以外のおよそ7割は、使用頻度が落ちた品かもしくは使われていない品です。モノを溜(た)め込んでしまう人は、いつか使うかもしれないと思っているからこそ、使わなくてもとっておいてしまいます。この使用頻度やモノの必要性をきちんと認識して、とっておくべきモノかどうかを判断しましょう。
コレクションしているモノがあれば、数を決めて厳選するのも一つの方法です。

2-2.むやみに収納を増やさない

ありがちなのは、モノを置く場所がなくなったから、次の収納を買い足してしまうケースです。新しい収納ができれば、そこがまたぎっしり埋まるまでモノが増えてしまいます。
こうした負の連鎖を断ち切るためにも、むやみに収納を増やさないように気をつけましょう。
今ある収納のおよそ8割が、モノを持つ限界と定め、それ以上に増えてきたら使用頻度が低いモノから捨てていくなど、収納にあるモノの量を目安にするのも一つの方法です。

3.まとめ

いかがでしたか? 片付けができない人は、収集癖やもったいない精神が過剰に働くことによって、モノが捨てられずにいるようです。

  • モノを抱え込んでしまう原因
  • モノを捨てる判断基準とは?

使用頻度の見直しを図り、むやみに収納を増やさない工夫をすることで、一定量のモノを超えたら捨てる意識を保(たも)てることでしょう。