自転車の正しい捨て方って知ってる?処分の際には防犯登録の抹消を!

自転車の処分は意外と面倒です。
「もう古くなったので新しい自転車に買い替えたい」「子供が成長したので乗れなくなった」など、自転車が不要になる理由はさまざまでしょう。
しかし、自転車の処分方法について「よく知らない」という人がほとんどなのです。
防犯登録してある自転車。
処分する際は、注意が必要ということを覚えておいてください。

  • 自転車を処分したい
  • 捨て方にはどのようなものがあるのか?
  • 処分する際の注意点は?

そんな人たちのために、自転車の処分方法や処分する際の注意点についてまとめてみたいと思います。

目次

  1. 自転車は何ゴミになるのか
  2. 自転車の処分方法
  3. 処分する際の注意点
  4. まとめ

1.自転車は何ゴミになるのか

自転車は自治体が回収するゴミとして廃棄できる場合がほとんどです。
粗大ゴミとして捨てることになるでしょう。
念のため自治体に問い合わせて、粗大ゴミで間違いないか確認してみることをおすすめします。
料金や回収場所についても聞いておく必要があるでしょう。
壊れていて指定の回収場所まで持って行けない場合は、回収に来てもらうことも可能です。
ただし、自治体によって回収日が決まっています。
引っ越しなどですぐ自転車を処分したい場合、この方法では難しいでしょう。

2.自転車の処分方法

自転車は廃棄する以外にも処分方法がいくつかあります。
どの方法が自分に合っているか検討してみてください。

2-1.引っ越しの際に引っ越し業者に依頼する

引っ越しの機会に自転車を処分する場合は、引っ越し業者に依頼して廃棄してもらえる可能性もあります。
多くの引っ越し業者では、このようなサービスを提供しているでしょう。
ほかの不用品も一緒に処分してもらえるため、まとめておくと便利です。
引っ越しと不用品処分が同時にできるため、時間と手間を大幅に短縮することができます。
ただし、オプションとして別料金が発生するため、料金についても確認しておきましょう。

2-2.中古店に売る

自転車の種類によっては、廃棄するより売った方がお得な場合もあります。
大切にしていた自転車を手放すことに心が痛むという人も、新しい持ち主に使ってもらえるなら安心ですよね。
特に、ロードバイクやクロスバイクなどは高く買い取ってもらえる可能性があります。
近くのリサイクルショップか、自転車専門の中古店に持ち込んでみてください。
パーツの状態がよければ部品だけ買い取ってくれる場合もあります。
中古店に売るメリットは「その場で査定してもらえる」という点です。
引っ越しや新車の購入がせまっていて「すぐに処分したい」という人にピッタリの方法と言えるでしょう。
ただし、状態が悪ければ買い取り不可になる可能性もあります。
その場合は再び持ち帰らなければならないため、事前に電話やインターネットで問い合わせて状態を伝えておくとよいでしょう。

2-3.不用品回収業者に依頼する

家庭から生じる不用品の回収と買い取りを行っている民間業者に依頼する方法もあります。
最大のメリットは、希望の日時に自宅まで引き取りに来てもらえるという点。
回収日まで待ったり、自分で持ち運んだりする必要はありません。
もちろん、持ち込み買い取りや宅配買い取りに対応している業者もあるでしょう。
自分にとって都合のよい方法で、回収や買い取りを依頼してみてください。
不用品回収業者が回収できる不用品の種類は非常に豊富です。
たいていのものは引き取ってもらえるため、ほかにも不要品がないか探してみてください。

3.処分する際の注意点

最後に、自転車を処分する際の注意点をいくつかまとめてみました。

3-1.処分前に防犯登録を抹消する

防犯登録とは、自転車が盗まれた際に警察が持ち主を特定するために使う番号のこと。
多くの場合、自転車を購入した際に防犯登録が行われているはずです。
自転車を処分する際には、防犯登録を抹消する必要があります。
抹消していないとトラブルの原因になることも。
自転車を売ったり譲ったりしたときに、新しい持ち主が自転車を盗んだと勘違いされてしまうのです。
防犯登録の抹消方法は自治体ごとに異なるため、各自確認しておきましょう。
手続きは、自転車を購入した販売店で行うことができます。
また、他人に譲る場合は、登録カードを一緒に渡してください。
新たな所有者が改めて登録手続きを行う必要があるのです。

3-2.不法投棄は絶対にしない

処分するのが面倒で、不要になった自転車を放置してしまう人も多くなっています。
今や放置自転車は社会問題になっており、駅前や街中の路上などに放置自転車が増え続けているのです。
放置自転車は一定期間が経過すると撤去されます。
その処分費用は国民の税金でまかなわれていることをご存じでしょうか?
自治体の財政を圧迫しないためにも、放置自転車を少しでも減らさなければならないのです。
自転車の不法投棄が発覚すると罰則があります。
5年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰則が科せられるため、絶対にやめましょう。

3-3.業者選びは慎重に

不用品回収業者に依頼する場合は、業者選びを慎重に行うようにしましょう。
全国にはたくさんの不用品回収業者がありますが、すべてが良心的な業者というわけではありません。

  • 見積もりを依頼したら勝手に荷物を持って行かれて高額請求された
  • 「無料で回収します」と宣伝していたのに実際には違った
  • 回収した自転車を不法投棄された

以上のようなトラブルは何件も発生しています。
業者を選ぶ際は、許認可を取得しているかを確認し、事前に見積もりを出してもらうようにしてください。
実際にその業者を利用した人たちの口コミを参考にすることも大切です。
また、必ず事前に複数の業者に見積もりを依頼し、比較してから決めるようにしましょう。

4.まとめ

自転車の処分方法についてご紹介しました。

  • 自転車は何ゴミになるのか
  • 自転車の処分方法
  • 処分する際の注意点

「自転車を処分したい」「処分方法や注意点は?」という人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。