ユニットバスのおすすめ収納術を紹介! 狭くても快適に使うには?

「ユニットバスの収納が狭くて困っている」「うまく収納できるアイデアを知りたい」という人は多いでしょう。ユニットバスは狭くて使い勝手が悪いだけでなく、収納が少ないというデメリットがあります。その上、お風呂・洗面所・トイレで使うアイテムを収納しなければならないため、入りきらないアイテムが多くなりがちです。

この記事では、ユニットバス収納の問題点やおすすめの収納術などを詳しくご紹介しましょう。

  1. ユニットバス収納の困りごとは?
  2. ユニットバスの収納術を紹介
  3. ユニットバスの収納に役立つアイテム
  4. ユニットバス収納で注意するポイント
  5. ユニットバスの収納に関するよくある質問

この記事を読むことで、ユニットバスをおしゃれにする収納アイデアや、収納におすすめのアイテムなどが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.ユニットバス収納の困りごとは?

まずは、ユニットバス収納に多い困りごとをまとめました。

1-1.収納スペースが確保できない

ユニットバスにはお風呂と洗面所が一緒になっているタイプと、お風呂・洗面所・トイレが一緒になっているタイプがあります。いずれのタイプもコンパクトにまとめられているため、非常に狭いのが特徴です。当然、収納スペースが確保しにくいという問題が出てくるでしょう。もともと収納スペースとなる棚や引き出しなどもほとんどないため、自分で工夫して収納スペースを作る必要があります。

1-2.通気性が悪い

ユニットバスは通気性の悪さも問題点です。基本的に窓がなく、入浴後は特に湿気がこもりがちになります。そのため、収納してあるアイテムが湿気の影響を受けないように工夫する必要があるでしょう。湿気が原因でカビが発生し、不衛生な状態になってしまう恐れがあります。

1-3.収納するアイテムが多い

お風呂や洗面所・トイレではさまざまなアイテムを使用するため、収納しなければならないものが多いという問題もあります。もともと狭くて収納スペースが少ないユニットバスに、必要なものをすべて収納するのは簡単ではないでしょう。

2.ユニットバスの収納術を紹介

ユニットバスにおすすめの収納術をご紹介しましょう。

2-1.「見せる収納」でおしゃれな空間を作る

狭いユニットバスをおしゃれな空間にするために、「見せる収納」を積極的に取り入れるアイデアです。壁面やトイレタンクの上などに収納できるスペースを作り出すとよいでしょう。吸盤で壁に取り付けられるタイプのホルダーなどを使い、空間を活用した収納にするのもおすすめです。ものを出しっぱなしの状態にしてもすっきりして見えるように、シャンプーや洗剤などはシンプルな容器に入れかえるとよいでしょう。容器の色を統一するとなおすっきりします。

2-2.シャワーフックやタオルバーを活用する

シャワーフックやタオルバーなど、もともと取り付けられている設備を活用して収納する方法もあります。シャワーフックにラックをつり下げてシャンプーなどを収納する・タオルバーにクリップ付きのフックをかけて小物をつるすなど、さまざまな方法があるでしょう。

2-3.自分で収納スペースを作る

DIYで新たな収納スペースを作り出す方法もおすすめです。「欲しい」と思える場所に収納スペースを作ることができるため、理想の空間にすることが可能でしょう。木製の棚やラックなど、素材をそろえることで統一感を出すことができておすすめです。収納棚を取り付けるスペースがない場合は、デッドスペースを活用できないかチェックしてみるとよいでしょう。

3.ユニットバスの収納に役立つアイテム

ユニットバスの収納に使えるおすすめアイテムをご紹介しましょう。

3-1.ラック

2段や3段になっている多段式のラックがあれば、シャンプーやスポンジなどのお風呂道具をまとめて収納できます。浴槽の上に突っ張り棒を設置し、ラックをつり下げておくのもよいでしょう。吸盤付きで壁に設置できるタイプや、浴槽に引っかけられるタイプのものなどもあるため、設置する場所に合ったものを選ぶようにしてください。また、デッドスペースになりやすいコーナーを活用するために、コーナーラックを設置するのもおすすめです。

3-2.ワイヤーネット

100円ショップでも購入できるワイヤーネットと突っ張り棒があれば、小物の収納スペースを格段に増やすことができます。S字フックを引っかければどんどん小物を収納できるため、あると大変便利です。ラックごと引っかけてボトルを収納するのもよいでしょう。

3-3.シャワーラック

シャワーフックを活用して収納スペースを作ることができる、シャワーラックもおすすめです。フックにつるすタイプ・差し込むタイプ・マグネットタイプなど、いくつか種類があるため、使いやすいものを選ぶとよいでしょう。ボトル類だけでなく、スポンジやタオルなども収納できるため、大変便利です。

3-4.壁設置式シャンプーディスペンサー

ユニットバスではシャンプーやボディーシャンプーなどのボトル類が特に場所を取るため、壁に設置するタイプのシャンプーディスペンサーがあると大変便利です。底がヌルヌルになることもなく、掃除もしやすくなるでしょう。

4.ユニットバス収納で注意するポイント

ユニットバス収納において、注意すべきポイントをまとめました。

4-1.湿気対策をしっかり行う

前述したとおり、ユニットバスには基本的に窓がないため、湿気対策が必要不可欠です。狭いので湿気がすぐ充満し、カビが発生しやすくなってしまいます。換気扇を24時間回しっぱなしにする・浴槽にお湯を張ったままにしないなど、湿気がこもらないように注意しましょう。

4-2.入浴後は浴室全体にお湯をかけて水気を拭き取る

ユニットバスは狭くて掃除もしにくいため、汚れが蓄積されやすいのが特徴です。入浴後は浴室全体に熱いお湯をかけ、汚れを洗い流しましょう。最後にバスタオルなどで水気を拭き取り、湿気を取り除くことを忘れないでください。

5.ユニットバスの収納に関するよくある質問

「ユニットバスの収納について知りたい」という人が感じるであろう疑問とその回答をまとめました。

Q.トイレットペーパーを置くと生活感が出てしまって嫌なのですが、何かよい方法はありませんか?
A.トイレットペーパーにお気に入りのデザインがプリントされた布などを巻くとよいでしょう。生活感がなくなり、ユニットバス内が一気におしゃれな雰囲気になります。

Q.トイレブラシを床に置くことに抵抗があるのですが、どうすればよいでしょうか?
A.壁にかけて収納できるタイプのトイレブラシがおすすめです。床に置かないので衛生的で床の掃除もしやすいでしょう。

Q.  シャワーカーテンを選ぶ際のポイントを教えてください。
A.乾きやすくカビが生えにくい素材か・自分好みのデザインかを重視して選ぶとよいでしょう。

Q.ユニットバス内のものを減らすにはどうしたらよいですか?
A.使用頻度の低いものやストックはユニットバス以外の場所に収納しましょう。また、使わないものは処分し、不要なものを置かないようにすることも大切です。

Q.ユニットバス内が質素な雰囲気になってしまうのですが、何かよい方法はありませんか?
A.ウォールステッカーやフェイクグリーンを取り入れるとよいでしょう。カフェのようなおしゃれな雰囲気に仕上がります。

まとめ

ユニットバスの収納でよくある困りごとやおすすめの収納アイデアなどを詳しくご紹介しました。狭くて使い勝手の悪いユニットバスですが、収納を工夫することで意外と快適に使うことができるようになります。ぜひこの記事を参考に、収納の悩みを解決して使いやすいユニットバスを作り出してください。