オークションのトラブルに対処する3つの方法


オークションは安く購入できる手段として、いまや主な購入手段のひとつです。とはいえ、トラブルが生じるケースがあることも事実でしょう。賢くトラブルに対処しなければ、普通に店舗で購入するよりも高くつくことにもなりかねません。オークションのトラブルに巻き込まれないためにも、オークションのトラブルに対処する3つの方法を考えていきましょう。

  1. トラブル事例を知っておこう
  2. トラブルが起きたときの対策
  3. トラブルをチャンスに変えよう

1.オークションのトラブル事例を知っておこう

1-1.商品の不具合

オークションのデメリットは、商品が手元に届くまでは目で見て確認することに限界があることです。もちろん、写真で最低限の確認はできるものの、手元に届いて実際に開けて使ってみなければわからないことはたくさんあります。「新品であると言っていたのに中古品だった」というようなクレームが報告されているのも事実です。届いた商品の故障や破損もトラブルとして報告されています。このようなリスクを知っておくことにより、オークションで購入するときに慎重である必要がよくわかるでしょう。

1-2.正規品ではない商品

出品者によっては、きちんと正規品ではないことを伝えているケースもあります。パソコンのサプライ用品などでは、正規品以外のものでも問題がない場合も多いため、必ずしも正規品でなければいけないわけではありません。しかし、ニセモノの場合は話が違います。コピー商品やニセモノの販売は明らかに法律違反です。ですから、異常に安い価格で販売されているブランド品などにはどうぞ注意してください。

1-3.国外の出品者との取り引き

出品者が国外であれば普通以上の注意が必要であるということではありません。しかし、コミュニケーションの限界が生じる可能性も事実です。また、何かトラブルが生じたときに国外の出品者とのあいだでは、解決しにくいということもあるでしょう。コミュニケーションがきちんと取れていれば、大きな問題にはならなかったというケースもあります。ですから、安心できる取り引き者であることを確認するとともに、双方のコミュニケーションがスムーズにできる環境かどうかを確認することも大切です。

2.オークションでトラブルが起きたときの対策

2-1.まずは直接交渉しよう

故障などの不具合は、出品者側でも気づいていないこともあります。ですから、届いた商品に不具合があったときには、まずは出品者に連絡をしましょう。落札する前に、不具合があったときの返品が可能かどうかを確認しておくことも大切です。そのときに、返送料の負担が必要かどうかも忘れずに確認しておいてください。しかし、直接出品者と交渉をしても、問題が解決しないときもあります。そのような場合の対処方法は次のところから確認してください。

2-2.消費者センターへ相談しよう

どうしても当事者同士で問題を解決できないようなら、消費者センターに相談してみましょう。電話で直接連絡することができます。また、消費者センターのウェブサイトで、いままでのオークションでのトラブルケースや対策方法などを確認することもできるでしょう。場合によっては、自分の状況と似たトラブルケースではどのような判例があるのかを確認することもできます。

2-3.少額訴訟は慎重に進めよう

少額の取り引きのトラブルであれば少額訴訟をすすめる人もいます。しかし、少額訴訟や内容証明郵便を用いるのは慎重に決定してください。法的な手段を取れば、相手が必ず弁償をしてくれるというわけではないからです。多くの時間をかけるだけの損害であるかどうかをまず考えてください。時給や日給に置き換えて考えるなら、その金額の損害を回収するために時間を費やす価値があるかどうかの判断ができるでしょう。また、少額の問題であっても、問題を大きくすることによる逆恨みもありうることです。ですから、ときには勉強と思って出品者からの弁償をあきらめることも賢い選択のひとつと言えるでしょう。

3.トラブルをチャンスに変えよう

3-1.トラブルを勉強のチャンスにする

「失敗は成功のもと」と言うのと同じように、オークションの取り引きでの失敗も「成功のもと」です。次回の取り引きには、より慎重に行うことができるとともに、この経験を今後の取り引きをする相手を選択するために役立てることができます。経験を重ねていくためには出費も必要です。くよくよしている時間はもったいありません。解決のために時間を費やすよりも、次回の勉強と思って割り切ることも将来の大きなチャンスにつながるはずです。

3-2.出品者になるチャンスにする

自分の購入した商品は当初の条件とは異なる結果として届いたとしても、その商品自体に問題がない場合もあるでしょう。たとえば、新品の商品であるはずが中古商品であった場合や、サイズが異なる場合などです。そのようなケースでは、自分で再度出品者として販売することもできるでしょう。もし、いままで出品者としてオークションに参加してきたことがないなら、この機会を出品者としてデビューするチャンスにすることもできます。落札者の気持ちをよく理解できる出品者として成功するために、トラブルを知っておくのはよい経験であったと思えることでしょう。

3-3.買い取りサービスで利益を得るチャンスにする

受け取った商品を不用品買い取りサービスで買い取ってもらうという方法もおすすめです。故障品や中古品であっても、不用品買取サービスであればきちんと見積もって買い取ってくれます。この機会に、ほかの不用品などを探して一緒に買い取ってもらえるなら、予想していたよりも多くの利益を手にできることもあるでしょう。思わぬオークションのトラブルが、結果として予想外の利益を手にするチャンスともなるのです。

まとめ

オークションにはトラブルのリスクがあることを予期しておきましょう。そのためにも、慎重な取り引きが大切です。トラブルの解決方法も、急がずに慎重に進めてください。トラブルの解決のために時間をかける価値があるかどうかもしっかりと判断しましょう。

トラブルは、

  • 今後の勉強
  • 出品者となるためのチャンス
  • 不用品買い取りサービスで利益を得るチャンス

として、新たなチャンスとすることもできるのです。

賢い選択をして、上手なオークション取り引きを楽しんでいきましょう。