上手に収納を活用しよう!屋根裏収納の活用法

部屋に収納スペースが少なく、屋根裏を収納スペースにできたら便利と考える方も多いのではないでしょうか?
屋根裏収納は、住宅の大幅に増やすことができる便利な収納場所です。
屋根裏収納を上手に利用するためには、屋根裏の特徴を理解して正しく使用することが大切になります。
住宅の収納を上手に使用するための活用方法や、メリット・デメリットなどについて屋根裏収納の活用法を詳しくご紹介しましょう。

  1. 屋根裏収納の活用方法とは?
  2. 屋根裏収納のメリット・デメリット
  3. いらないものは処分して収納スペースを増やそう!
  4. まとめ

1.屋根裏収納の活用方法とは?

住宅の屋根裏スペースを有効活用するのが屋根裏収納です。
普段は使用していないスペースを収納として利用可能利便性の面で注目を集めています。
屋根裏収納とは、どのようなものなのでしょうか?

1-1.屋根裏収納とは?

屋根裏収納は屋根裏のスペースを収納として利用できるようにしたものです。
一般的には、住宅を建築する前に計画的に配置するのですが、建築後の住宅にもリフォームやDIYなどで増設できます。
住宅に収納スペースが少ないと悩んでいる場合には、屋根裏収納の増設を検討してみるのもよいでしょう。

1-2.屋根裏収納の活用法

屋根裏収納は便利な収納スペースなのですが、使うにはコツが必要になります。

屋根裏収納の活用術の成功例と失敗例についてご紹介しましょう。

1-3.屋根裏収納の成功例

屋根裏収納を適切に使用することで、生活スペースを圧迫する“もの”を整理できます。
屋根裏収納を利用することで、不要な家具を置く必要がなく部屋を広く利用できるのです。
屋根裏収納を上手におこなうためには、屋根裏に適した荷物を置くことが大切になります。
屋根裏に適した荷物について詳しくご紹介しましょう。

1-3-1.長期間使用しないもの

1年に数回しか使用しないようなものは屋根裏収納に適した荷物です。
長期間使用しないものは積極的に屋根裏収納に入れてしまいましょう。

1-3-2.捨てることができないもの

なんとなく捨てることができないものは大切に梱包(こんぽう)して、屋根裏収納に片付けるのも一つの方法です。
捨てることができないものが部屋のクローゼットを占領している場合には、屋根裏収納に移しましょう。

1-4.屋根裏収納の失敗例

屋根裏収納は便利なスペースなのですが、使用の方法を間違えると上手に利用できません。
屋根裏収納に適さない荷物について詳しくご紹介しましょう。

1-4-1.使用頻度の高い荷物

屋根裏収納は非常に便利なのですが、“荷物の出し入れに手間がかかる”という特徴があります。
使用頻度の高い荷物を屋根裏収納に入れてしまうと、使う際に面倒な手間が増えるという特徴があるので注意が必要です。

1-4-2.上げ下ろしの大変な荷物

屋根裏収納のほとんどは“はしご”を使用して荷物の上げ下ろしをおこないます。
苦労して荷物を屋根裏収納に上げても、使用する際に下せなくなってしまうというのは屋根裏収納の失敗例の代表です。
上げ下ろしが大変な荷物は、屋根裏収納に移さないようにしましょう。
屋根裏収納は成功例・失敗例を把握して最適な利用方法を検討することが大切です。

2.屋根裏収納のメリット

屋根裏収納のメリットについてご紹介しましょう。

2-1.広い収納スペースを確保できる

屋根裏収納のメリットは、広い収納スペースを確保できる点です。
住宅の建築方法にもよりますが、在来工法の屋根裏を収納として利用した場合、10畳以上の収納スペースを確保できます。
住宅のスペースを有効活用する上で、屋根裏収納は非常に重要な要素の一つといえるでしょう。

2-2.居住空間に影響を与えない収納

収納は必要な空間なのですが、居住空間を圧迫してしまいます。
屋根裏収納は生活空間に影響を与えない、収納専用の空間というのがメリットです。
屋根裏収納があれば、収納家具や収納グッズなどで部屋が狭くなってしまう心配はありません。
広い収納スペースが確保できることは、快適な生活には大切な空間なのです。

3.屋根裏収納のデメリット

利便性の高い屋根裏収納ですが、いくつかのデメリットもあります。

屋根裏収納のデメリットについて、詳しくご紹介しましょう。

3-1.屋根裏は高温になる?

屋根裏は屋根に近い場所にあるので、直射日光などで屋根が温まると屋根裏の温度が上昇します。
最近多い金属屋根や化粧スレート屋根は、表面の温度が上がりやすく屋根裏が高温になるので注意が必要です。
屋根裏部屋は“屋根材の種類”や“断熱の有無”など屋根裏の環境は変化します。
屋根裏収納を使用する際には、温度変化や湿度などを計測してしましょう。

3-2.荷物の上げ下ろしが負担になる

屋根裏部屋へのアクセスは“折り畳みはしご”“固定階段”の2種類があります。
どちらのアクセス方法でも屋根裏部屋に荷物を上げ下ろしするのは非常労力が必要です。
重い荷物を屋根裏に収納することは、避けることが好ましいといえるでしょう。

4.屋根裏収納と床下収納

住宅の収納でも広い空間なのが屋根裏収納と床下収納です。

収納を上手に利用するためにも、収納の特徴を知ることが大切になります。

4-1.屋根裏収納の特徴

屋根裏収納は“室温”と“荷物の下げ下し”が最大の特徴です。
室温と荷物の下げ下しの労力だけを考えれば非常に快適に収納を利用できます。

4-2.床下収納の特徴

床下収納というとキッチン下にあるのが一般的です。
最近では、和室などにも取り付ける大容量の床下収納もあります。
床下収納は“湿気”だけに注意すれば非常に快適に利用することのできる収納スペースです。
屋根裏と床下の収納は特徴を理解して、適切に利用しましょう。

5.いらないものは処分して収納スペースを増やそう!

収納に荷物を詰め込むのは非常に簡単なのですが、荷物が収納スペースにあふれてしまうのも大きな特徴です。
不要なものをいつまでも収納に入れておくことは、収納スペースの無駄と考えてよいでしょう。
不要なものは処分してしまうことが収納スペースを有効に活用するポイントなのです。
処分に困っている不要なものは“不用品回収・買い取りサービス”を利用して処分することをおすすめします。
不用品回収・買い取りサービスでは、処分の難しい重い荷物や家具なども出張回収・買い取りサービスで処分の負担がありません。
屋根裏収納のスペースを有効活用するためにも、不要なものは処分を検討することが大切なのです。

まとめ

屋根裏収納を上手に使用するためのポイントと活用方法について紹介しました。
屋根裏収納も整理をおこなわないと荷物であふれてしまいます。
不要なものを屋根裏に収納することは収納スペースの無駄です。
屋根裏収納は、年に1回整理をおこないましょう。
不要なものがあれば“不用品回収・買い取りサービス”などを利用して処分してしまうのも屋根裏収納の大切な活用法です。