高く売れる家電の共通点とは!? 高額買取のテクや注意点のご紹介

不要になった家電類を、ただ捨ててしまうのはもったいないですよね。まだ使えるからリサイクルに出したい・どこか買取してくれるところは? とお悩みの方も多いかと思います。そこで今回は、家電を高く売るための方法や、高額買取家電の共通点などのご紹介です。

  1. 家電のリサイクルについて
  2. 家電の買取について
  3. 高く売れる家電について
  4. 家電の買取方法について
  5. 家電の買取に関するよくある質問
  6. まとめ

家電の種類や処分方法・買取業者の選び方や注意点など、役立つ情報をもりこみました。本記事を参考にしていただければ、家電の買取価格をアップさせることができるはずです。不要家電でお悩みの方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

1.家電のリサイクルについて

1-1.家電の種類について

家電には、用途・分類ごとにさまざまな種類のものがあります。主なものは以下のとおりです。

1-1-1.家庭用電化品

  • 冷蔵庫※
  • 洗濯機※
  • テレビ※
  • エアコン※
  • 掃除機
  • 電子レンジ
  • ヒーター・ストーブ
  • 扇風機

※家電リサイクル法対象品目

1-1-2.オーディオ・楽器類

  • CDプレーヤー
  • アンプ
  • ポータブルプレーヤー
  • 電子ピアノ

1-1-3.デジタル機器・パソコン類

  • パソコン/周辺機器
  • デジカメ(一眼レフカメラなども含む)
  • テレビゲーム機器/ソフト
  • カーナビ
  • DVD・HDDプレーヤー/レコーダー

1-2.家電の処分について

家電の処分方法の分類は以下のとおりです。

1-2-1.家電リサイクル法対象品目

上記で※印のついた4品が対象品目です。リサイクル料金を支払う必要があります。リサイクル券を購入し、指定の回収場所へ持っていく方法などもありますが、回収業者や家電量販店に依頼するのが一般的です。

1-2-2.小型家電リサイクル法対象品目

電子レンジ・掃除機・炊飯器・ストーブ・電話機全般など、多数の家電が小型家電として指定されています。リサイクル法対象品目と異なり、自治体に処分方法がゆだねられているため、自治体の指定する方法に従いましょう。粗大ゴミとして処分する・リサイクルボックスへ投かんする、などが主な処分方法です。

1-2-3.粗大ゴミとして処分する品目

自治体が粗大ゴミとして指定している家電は、市区町村のHPや電話などで確認できます。同じ家電でも、地域によっては不燃ゴミ・粗大ゴミなど区分が違うことがありますので注意してください。

1-3.家電のリサイクルのメリット

家電をリサイクルに回すことにより、資源の有効活用になるのは当然のこと、場合によっては家電がお金に化けることもあります。買取については次項をご参照ください。

1-4.リサイクルのしくみ・方法について

一口にリサイクルといっても、その方法はさまざまです。まだ使える家電であればもちろんそのまま使うこともあります。壊れてしまった家電は修理・メンテナンスにより再利用可能な状態にすることもあるでしょう。修理が不可能な家電であっても、部品や金属などを資源や修理部品として使うこともあります。

2.家電の買取について

2-1.買取できる家電とは?

以下のような家電は、買取できる可能性が高いです。

  • 新しい家電
  • 定価が高い家電
  • 有名メーカーの家電

2-2.買取できない家電とは?

逆に、以下のような家電は買取の可能性が低くなります。粗大ゴミ料金や、回収料金を支払うことで処分が可能です。

  • 故障・破損した家電
  • 汚れ・傷・においなどがひどい家電
  • 部品の欠落がある家電
  • 著しく需要の低い家電

2-3.家電の買取相場

家電の買取金額は、定価・使用年数・状態・市場の需要などによって決まります。定価の10%前後が一般的な買取相場です。

3.高く売れる家電について

3-1.どんなものが高く売れるか

高く売れる家電には、いくつかの条件があります。

  • ブランド品・有名メーカー品
  • 市場の需要が高い家電
  • 希少価値が高い家電
  • 定価が高い家電
  • 新しい家電
  • 付属品・消耗品などそろっている家電

3-2.家電を高く売るコツとは

家電を高く売るコツをご紹介します。

3-2-1.早く売る

製造年度が新しい家電ほど高く売れます。押し入れの奥に何年もためこんでいては家電の価値がどんどん下がってしまうのです。「この家電不要かも?」と思ったら、なるべく早く決断してしまいましょう。

3-2-2.きれいにする

自分で落とせる汚れはきれいにしておきましょう。たとえ同じ家電でも、見た目がきれいかどうかは買取査定に大きく影響してきます。

3-2-3.季節家電は売る時期を考える

ストーブ・ヒーターなどの暖房器具は冬に入る少し前の9月~10月頃、扇風機やクーラーなどは夏が始まる前6月下旬頃に売ると、高額で買取できる可能性があがります。逆に、冬の終わりにストーブ類は売りにくくなりますので注意してください。

4.家電の買取方法について

4-1.家電を買取に出すには?

家電を買取に出すには、リサイクルショップ・ネットオークション・買取回収業者などの選択肢があります。

4-1-1.自分で買取に出す(リサイクルショップ・ネットオークション)

リサイクルショップやネットオークションは、運搬・こん包・手続きなど煩雑な手間がかかります。たとえば、せっかくリサイクルショップに重たい家電を運んだのに、買取不可と判断されてしまった場合はそのまま持ち帰らなければなりません。時間と労力の無駄になってしまいます。また、ネットオークションでは、出品の手間や落札者とのトラブルといった危険性もつきまとうでしょう。

4-1-2.業者に依頼する(買取回収業者の利用)

買取回収業者に依頼することで、不要な家電をまとめて買取に出すことが可能です。また、家電を査定し、買取不可だとしても回収は可能ですので二度手間になりません。

4-2.買取業者の選び方

買取業者を選ぶ場合は、下記のポイントをおさえましょう。

  • 出張買取に対応している
  • 無料見積もりが可能である
  • 料金体系が明確である
  • 買取品目が豊富である
  • 古物商許可などの資格を持っている

4-3.注意点

買取業者や回収業者を利用する場合は、資格の有無や会社としての安全性をしっかり確認しましょう。無料で回収できると言っておいて、トラックに積み上げる直前に「積み込みには別料金がかかります」などという悪質な業者によるトラブルが増えてきています。

5.家電の買取に関するよくある質問

Q.見積日と買取(回収)日を別日にすることはできますか?
A.同日でも別日でも大丈夫です。

Q.引っ越し・遺品整理などで大量に家電類が出たのですが処分してもらえますか?
A.買取可能なものと回収するものにわけて処分いたします。家1軒まるごとの不用品処分もお任せください。

Q.出張費や人件費はかかりますか?
A.品物によっては人件費等の手数料が発生する場合があります。出張費は無料ですが、ご指定の日時にご不在・または当日キャンセルの場合には、キャンセル料として出張費をいただく場合がございますのでご注意ください。

6.まとめ

いかがでしたか? 家電を高額買取するためのポイントなどについてご紹介しました。家電をまとめて処分することで買取価格をアップしつつ回収料金もおさえることが可能です。大量の家電・不用品の処分にはぜひ買取業者の利用を検討してみてはいかがでしょうか。また、家電を高く売れるようにするために、きれいに掃除をしたり付属品をつけたりといったコツもためしてみてください。同じ家電でも買取価格が一気にアップするかもしれませんよ。