家電リサイクル法とはどんな法律? 知っておくべき対象家電と処分方法

現代には、役に立つ家電がたくさんあります。しかし、新しい家電が出るたび、古い家電が大量に廃棄されているというのが現実です。そのような家電の中には、家電リサイクル法の対象となっているものがあります。家電リサイクル法の対象家電と知らずに処分すると罰則されることもあるので注意が必要です。

そこで、罰則を受ける前に法律を知っておきましょう。この記事では、家電リサイクル法と対象家電についてまとめました。

  1. 家電リサイクル法とは?
  2. 対象となる品目と料金について
  3. 対象品目の処分方法
  4. 回収業者に依頼するメリット
  5. まとめ

1.家電リサイクル法とは?

1-1.家電のごみ事情

家電リサイクル法とは、廃棄物の減量と資源の有効利用を目的に作られたものです。現代では、大量生産・大量消費によりごみの量が増加しました。特に、家電は最新モデルが出るサイクルが早くなっています。サイクルが早くなると家電が廃棄するサイクルも早くなっているのです。

家電の廃棄が早くなった現代では、資源ごみよりも埋め立てごみが多くなりました。そのようなごみは、環境にとっても悪影響となっています。家電の中でも冷蔵庫や洗濯機は、大型な上に処理が困難となっているのです。

1-2.「ごみ」ではなくて「部品」として再利用する

洗濯機や冷蔵庫、パソコンなどの家電は、レアメタルや鉄など有用な資源が多く使われています。ですが、各市町村の回収事業だけでは処理できない上に資源を活用できません。
そこで、廃棄物のリサイクル推進として生まれたのが「家電リサイクル法」です。
家電リサイクル法では、エアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯機を対象に処分するためのリサイクル料金を設けています。

2.対象となる品目と料金について

2-1.対象となる家電とは

家電リサイクル法は、大型家電を対象とした法律です。

  • エアコン
  • テレビ(ブラウン管・液晶)
  • 冷蔵庫
  • 洗濯機

以上の4品目が、特定家庭用機器の対象となっているのを知っておきましょう。

2-2.処分するために必要な「家電リサイクル券」とは

対象となっている大型家電を引き取ってもらうには、リサイクル料金を支払う必要があります。家電を小売店や自治体で引き取ってもらうときは「家電リサイクル券」を発券してもらいましょう。家電リサイクル券とは、大型家電を処分するときに買う券のことです。リサイクル料金は、この券を購入することで支払うことになります。

2-3.リサイクル券の費用

家電リサイクル券は、家電店か郵便局にて購入することになるのです。各家電に定められている料金を支払いましょう。
しかし、各家電メーカーで料金が違ってきます。そこで、大よその平均金額を知っておきましょう。

  • エアコン…1,500~3,500円
  • テレビ…1,800~2,700円
  • 冷蔵庫…3,600~4,600円
  • 洗濯機…約2,400円

洗濯機以外は、料金に開きがあります。郵便局にて自分で精算する場合、メーカーなどに問い合わせて調べておきましょう。家電量販店では、料金さえ払えば家電処分の手続きを行ってくれます。また、不用品回収業者でも処分代行をしているのです。ぜひ、活用してみましょう。

3.対象品目の処分方法

大型家電は、処分するのに面倒なイメージがあるかと思います。ですが、処分方法はいくつか方法があるのです。この項目でチェックしておきましょう。

3-1.家電店にて処分してもらう

家電リサイクル法の対象家電を買い替えるときは、家電量販店にて処分してもらうのがおすすめです。全国展開している家電量販店であればリサイクル券を発券してもらえるでしょう。家電店は、不用になった家電を消費者から製造業者等への引き渡しを行います。また、家電店によっては運び出すための収集運搬料が発生する可能性があるのです。事前に確認しておきましょう。

3-2.自治体にて処分してもらう

リサイクル券の発券・運搬などすべて自分で行って自治体に処理依頼します。自分で洗濯機や冷蔵庫を運べないときは、収集運搬料を支払うことで引き取ってくるのを知っておきましょう。しかし、自分で料金を調べる必要がある上、収集運搬の手配も必要があって面倒です。別の方法を取ることをおすすめします。

3-3.不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者に大型家電の処分代行をしてもらう方法です。最も簡単に行えるのでおすすめの方法となります。家電リサイクル法の対象家電は、勝手に捨ててはいけません。しかし、不用品回収業者に依頼すれば自分の代わりに処分手続きをしてくれます。その上、部屋にまで来てくれて運び出してくれるのです。また、まだ使える場合は引き取ってくる可能性もあります。自分でやることは、基本的に連絡するだけ。かなり簡単に処分できるのでおすすめの方法となります。

3-4.オークションにて販売する

大型家電を処分する場合、まだ使えることが多いです。そのような大型家電は、オークションにて売ることもできます。
自分が使っている冷蔵庫やテレビ、洗濯機、エアコンが人気モデルならばいい値が付くこともあるのでおすすめです。しかし、かなり使い込んでいたり年代ものであったりすれば売れないと思いましょう。また、確実に処分できない可能性もあります。

3-5.リサイクルショップに引き取ってもらう

まだ使える家電を確実に処分したいとき、自分でリサイクルショップに持ち運びましょう。使えて人気モデルならば高値が付きます。しかし、家電の多くは販売してから2年ではやりが終わるもの。そのため、リサイクルショップでの高価買い取りは期待しないようにしましょう。

4.回収業者に依頼するメリット

家電リサイクル法の対象となっている家電は、きちんと手順を踏んで処分します。忙しい現代人には、非常に面倒な作業です。そこで、不用品回収業者に依頼するのはどうでしょうか。不用品回収業者に依頼すれば簡単に処分してもらうことができるのです。この項目では、不用品回収業者に依頼するメリットについて紹介しましょう。

4-1.自分の代わりに作業をしてくれる

不用品回収業者に依頼する1番のメリットです。不用品回収業者に依頼すれば自分の代わりに作業してくれます。部屋に来て家電を運び出す・処分手続きもすべてやってくれるので便利です。また、家電リサイクル法以外の不用品も回収してくれます。事前に申し込んでおけば運び出してくれるので検討しましょう。

4-2.日時を指定できる

自治体などは、処分に時間や曜日が制限されます。しかし、不用品回収業者であれば自分の指定した日時に引き取りに来てくれるのです。また、申し込みなどはホームページなどで24時間受け付けています。すぐに引き取ってもらいたい場合でも対処できるのです。慌てる前に申し込みをしてみましょう。

4-3.見積もりを取ってくれる

不用品を処分するときは、業者は必ず見積もりを取ります。この見積もりは、自分が不用品を処分する上でどれぐらいの費用が掛かるか計算することです。予算に合わないときは、量を減らすことができます。

また、見積もりの時点で契約をせまられたり勝手に作業に来たりしないので安心しましょう。この見積もりを取ることで業者も作業量を把握します。また、費用に気になる部分があれば質問できるのです。しっかりとわからない部分は聞いておきましょう。

5.まとめ

いかがでしたか? この記事では家電リサイクル法についてまとめました。最後に、家電リサイクル法の対象家電を処分するのに必要なポイントをおさらいしましょう。

  • テレビ・エアコン・冷蔵庫・洗濯機を処分するにはリサイクル券が必要。
  • 家電量販店などで処分してくれることがある。
  • 自分で処分するには、すべて自分で手続きをして自治体に依頼する。
  • 不用品回収業者に依頼すれば、すべて業者にてやってくれる。
  • 見積もりは取ってもらうようにする。

家電を勝手に捨てると罰則を受けることがあります。また、ルールに従わず捨てると環境にもデメリットです。家電を捨てる方法をしっかり知っておきましょう。